2015年03月17日

旅することと速いこと

議会も終わり、私にとっては議会終了後に作る「議会レポート」が、けっこうな時間をかけることと、来月の選挙に向けての準備でバタバタしている最中に。
長距離寝台列車のトワイライトエクスプレスと北斗星がサヨナラだったと「ありがとー」と言う声が響くテレビに気持ちをむけつつ。
「なんだか、納得できない」気持ちがありました。

学生時代には、釧路(根室だったのか?)ー小樽(だったと思ったけれど)の夜行寝台各駅停車(鈍行)の「からまつ」なんていうのがあって、リュック背負って周遊券を手にした私にとっては、これが旅の始まりでした。
それでも、寝台車両に乗るには勇気とお金が必要でした。寝台は上・中・下段がありました。

一度、釧路の駅の窓口で、「西鹿児島まで一枚」と告げて切符を手にして旅をしたときも(ずっと列車を乗り継ぎ)この鈍行寝台のからまつに乗りました。

新幹線が延長になり、延伸になり、どんどん移動の時間が速くなり、近くなった、近くなったと。
それはそれで、良いことなのでしょうが、はたして旅を誘うことになるのだろうか?
旅の楽しみの選択肢が消えていくことは、もしかしたら、旅の文化にとっては貧しいことにつながらないだろうか?などと思っています。
憧れのシベリア鉄道(ちょっとだけ乗ったけど)は始発から終点まで行きたいあこがれ。
オリエント急行は、憧れ以上の夢。いくつかの大陸横断鉄道だって、飛行機で行けば?なんて言われないでしょう。小さな国、日本ではあるけれど、移動のため時間をかける楽しみが旅と言う人もいるだろうし、目的地に速く時間をかけずに到着して、そこで遊ぶ人もいるでしょう。
遊びに行く、と、旅に出ると言うなんとなく違うんだけど・・と思う人は、少数派なのでしょうか。

東北から北陸を走った夜行寝台の、あの懐かしい停車駅の夜中の風景。
明け方、蒼い景色が遠くへ来たことを感じさせてくれたのは、移動した距離と時間が作り出してくれた郷愁だったりした。そんな旅の選択肢が、なくなってしまったようで、ちょっと寂しく残念に思った、弥生3月でありました。

さみしいなぁと。
posted by あとむ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり

2015年03月16日

選挙準備と写真

3月議会も終わり・・私はまだ「議会レポート34号」を作っている途中ですが・・(早く作りなさいと言われ続けています・・)
3月20日に立候補者への説明会、4月15日は提出書類やその他の事前審査。
議会レポートが出来上がったら、ポスターを作ったり・・なかなか忙しい日々が続きます。

私の後援会も、もう、かなり前から選挙に向けて動き出しています。
日頃からの活動も支えてくれて、相談にのってくれて、政策内容や時には事業の方向性なども話し合える後援会です。いろいろな立場の人がいて、私の約束にもあるように「政党、派閥、イデオロギーに影響されない斜里町のまちづくり」に方向を見据えた集まりです。
ずいぶんと恵まれている環境で活動をさせてもらっています。

そんな中で、昨日まで「後援会討議資料」を作り、議会レポートに入れるために昨日、印刷発行をしました。
議会レポートを作った後はポスターです。
で、8年前、4年前のポスターのデザインを引っ張り出してみました。
1回目のポスターは、かなり笑えました。
まるっきりの主婦感覚・・。自分の顔写真を公衆に出すことの抵抗感ありありでした。
写真は使わない・・と思っていましたが、それではダメだよ、と、みんなの意見もくみ入れての作品。
4年前は3月議会中に他の議員さんが写してくれて写真を使いました。
友人に8年前のポスターのデザインを見せたら・・「変わっているね、インパクトあったかもね(笑)」とのコメント。

*前回の写真を掲載しようと思ったけれど・・なんと、もしかしたら公職選挙法に抵触するかもしれないので、さきほど掲載したものは一度、消去します・・。なんとか、他の方法で、考えましょう。

さて、今回はどんなポスターになるでしょうか。
少しでも、私の議員活動に向かう姿勢を表現したいと思うのですが・・クリエイティブセンスと言ってもやはり議員というイメージに外れないものに・・と言う事で、きっと「普通におさまる」ポスターになるんでしょうね。
posted by あとむ at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり

2015年03月14日

議会議員選挙・町の場合

2,3日前から地方議員のなり手がいない、女性議員の数が少ない、議員の高齢化という記事が続いています。
思い出せば、4年前もこうした記事を目にしていました。
でも、ここ4年間の経年変化の現実はその通りだと思います。
斜里町議会では、現在の14名議員のなか、今期で辞められる(選挙に出馬されない)方が2名いらっしゃいます。お二人のご挨拶を伺い、時代、時間の流れを感じました。

長崎県対馬の町では、50歳以下の議員の報酬を30万円に引き上げ、50歳以上の議員の報酬をこれまで通りの18万円にするという条例を可決しました。きっと、すごく賛否があったと思うのですが、こういう決断も出てくるだろうと思いました。
議員の仕事の評価って、ともすれば主婦の行う家事、主婦労働に少し似ていると思う事があります。
やって当たり前。でも、その内容は個人でずいぶん違います。

IMG_9613.JPG

若い人が議会に参加して欲しい。議員としてまちづくりに係わって欲しい。
若い女性が参加して欲しい、議員としてまちづくりに係わって欲しい。
そんな思いを持って、これまでの4年間は動いてきたつもりです。
そうした中で、言われたことが
「議会の中にしがらみを感じませんか?」
「年上の議員さんから感じるパワーハラスメント的な雰囲気はありませんか?」
「群れる、流される、見えない圧力や権力はありませんか?」
と、文章でいくつかの問いを出されたことがありました。もちろん、他にも色々ありましたが、上記の部分は私の感じた範囲で「ないとは言えない。感じたことはあります」と返事を出しました。
斜里町の議会がどのように見られているのか、考えさせられました。
以前にも書きましたが、斜里町議会のあらゆる場面でセクハラなんてことはありません。
「あ〜女だからかなぁ」と感じたことは私自身はありません。
でも、男社会だなぁと感じたことはずいぶんあります。

現在は、元議員だった方が立候補の予定だと聞いています。前回の選挙では立候補されなかった方です。
他にまだ立候補される方の話は聞いてはいませんが、「きっと選挙になると思っておくこと」と、後援会のみなさんから言われています。
来期に向けて、私が何を指標として活動するのか、それをしっかり決めて、みなさんに応援をお願いしなくてはなりません。
時代は私が思う以上に変化が早く、斜里町議会の議員の年齢も65歳くらいでしょうか?
(斜里町議会議員の議員紹介には年齢が書かれていません・・これについても何名かの方が書いた方が良いと言っておられました)30代、40代、50代の年齢層がいてほしいと思います。

議会改革は標準的な部分で、斜里町議会でも実施されていますが、議会の改革が行われているならば、議員も変わっていかなければなりません。それぞれの年齢の、それぞれの立場が多様になることで町も活性化していくのではないかと思います。もちろん議会の場だけの話ではなく、多方面にわたって多様性が引き出す生産的な取り組みは強くなるはず。

私たち主婦が、新しいレシピや食材で料理をしながらも、おばあちゃんの知恵袋が手放せないと言う現実はまさに、こうしたことです。
さて、しっかり3期目に向けて動きます。
posted by あとむ at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 議員活動

2015年03月11日

3.11 原発はやめるべきです

4年前、議員の任期最後の定例議会中、質疑の最中に議場が揺れました。
ゆるい揺れが、長く続き、地震発生時に「地震!」と声に出し、揺れが続く中で机の下にもぐり込みました。
私は、育った所が釧路管内だったので小さな頃から十勝沖、釧路沖の地震を経験して何度も学校で避難訓練も行ってきていましたし、地震に対する恐怖は大きいのです。
すぐに、議場で電源を切っていた携帯のスイッチを入れて、実家の母の携帯へかけました。
すぐに繋がり、安否確認になれた母は「大丈夫、無事、被害なし、震源はここではないと思う、大丈夫」を数秒で告げてくれました。それから、驚くほどたくさんの情報が携帯のTwitterから流れてきました。

議会は一時、休憩となり議員控え室のテレビをつけたとたんに、画面には仙台、若柳地区の映像が映し出されていました。まるでCGのようでした。

今日も朝からずっと、被災地の現状についてのレポートが流れています。
進まない復興、震災のあとからの経済活動。いまなお避難されている人。家に戻れない人。
1月17日には阪神淡路大震災から20年のレポートもくり返され、私も実際に神戸へは何度も足を運びましたが、いまなお、大変な暮らしをしている方がいる一方で、その復興はめざましいものがあると思います。

大きな、復興のネックは、福島原発の事故です。
いまなお、修復のメドも立たず、汚染水はじめ放射線濃度の上昇、セシウム、ストロンチウムの数値上昇が続いています。年末に東北道を利用したときには、積み上げられた除染の黒い袋が目につきました。
福島だけではなく東北各県、さらには関東に及ぶ農産物、海産物の販路にもまだ大きな影響が出ているはずです。人の手に負えないものを作ってしまった、そしてその怖さを多くの人は知っています。
もしも・・・そんなことはあり得ませんが、でも、もしも、原発がなかったら、原発事故がなかったら、と考えると震災の復興は大きく変わっていたのだと思います。

誰もが知っている地震国です。火山の島です。大きな地震を食い止めることは、無理でしょう。
でも、原発は止めることができます。「止めたって利用済み核燃料はどうするんだ?」という人もいますが、今以上に増やすことの方がリスクが大きいことは誰でも分かることです。
国が、この私たちの国が、原発を廃止する、これからも稼動しないことを決めれば、廃炉に向けて動き出せば、しっかり対応をとれば、そのための事業に資金も費やせます。
私たちの中にも将来に向けての安心ができます。
もしかしたら、風評被害と言う言葉も消えるかもしれません。先の見えない不安が風評被害となっているかもしれません。
写真.JPG

忘れてはならない震災の被害ですが、いまなお、なんの解決も対応もできない原発被害は続いています。
この国の進むべき方向が、問われているはずです。

改めて、多くの犠牲者の方々のご冥福と、ご家族のみなさまへお見舞い申し上げます。
posted by あとむ at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり

2015年03月10日

2015 3月議会終了 鉛弾意見書とか

北海道新聞に(3月10日朝刊)、議会最終日の議案第3号で上程された意見書が記事になって出ていました。
オホーツク版の議会の様子の欄に掲載になるくらいかなと、思っていたら、全道版でした。
この、動きを広めるためにはありがたい記事になりました。
IMG_9621.JPG

3月3日に始まった議会は、初日から悪天候影響で大丈夫?と言うドキドキでした。
3月2日午後に通行止めになった国道ですが、翌日7時には開通され、家の前の除雪作業も行われ、無事に40km先の役場へ辿り着くことができました。
IMG_9583.JPG

今回の私の一般質問は、高齢者の外出支援のために現在の路線バスの利用促進をはかるために助成しては?と言うものが一点。
もう一つは、ふるさと納税をもっと活用しては?と言う2点です。

町でも、これから福祉バスとかコミュニティバスの活用を考えているようですが、現在運行の路線バスを、もっと使いやすくして、できるところから利用促進をはかっては?と、思います。地元のお店で買い物がした、自分たちで出かけていって食事をしたり病院へ行ったり。
自分たちで動くこと、これはとても楽しく元気を増進します。そのために、現在の路線バスを利用できる人達へバス代の助成を行って利用しやすくする取り組みをすること。そうすることで、現在検討中の福祉バスなどの対応についても課題やヒントが生まれると思うからです。
現在もスクールバスの利用は行われていますが、一方で、その利用が必ずしも高齢者の利用促進にはつながっていない現状もあります。そこは、利用ルールや対応、検討で解決できるはずです。
みんなで、高齢者の足の確保を考えなくてはなりません。

もう一つのふるさと納税ですが、斜里町は100u運動への寄付をふるさと納税としているのです。これまでも、何故そこだけにこだわるのか?と言う問いに対しては、この運動は他とは違い寄付者の思いと誇りがあるため、と言う理由ですが、私は他の自治体のように、斜里町の誇れる物産品をふるさと納税者にたいして送ることが、この100u運動への寄付への異議を変えてしまうものになるとは思えないのです。
むしろ、斜里町のふるさと納税の取り組みを、より深く知ってもらえる広がりに繋げていけるものとして利用すべきと思います。
最初は、「あら!美味しそう!」で目に止まるかもしれません。でも、同時にこうした運動を展開していて、たとえば、その運動地を歩けるガイドツアー特典があったとしたら?
この豊かな自然の中で育まれたものを、届けられるとしたら?
今以上に、豊かな知床の自然の貴重性を知ってもらえるきっかけにつながるはずです。
・・が、町はこのふるさと納税制度を積極的に活用する方向性は持っていないようです。残念。
あきらめませんけどね(笑)
何のための「しれとこブランド」?町でお金を出して認証して・・おかしいですよね。

と、これから、まだまだ、3月議会のいろいろをお知らせします。
とりあえず、今日はここまで。
IMG_9591.JPG
posted by あとむ at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 議員活動

2015年01月31日

斜里の町長選について

お天気が悪くて、みなさん自宅にいらっしゃるのでしょうね。

先日の北海道新聞に、前町長の村田さんが、再度、町長選挙に出馬するという記事が出ていました。
それ以前から、何人かの方に、どうなるんだろう?どうするんだろう?と云うことでお話を交わす機会がありましたが、その記事が出てからは、知っている方、知らない方から電話をいただき「櫻井さんはどっちを応援するの?」と聞かれることがありました。

私は、始めて町議として立候補したときから、私と私の後援会のみなさんと決めている事があり、その一つが、町長選に関してはどちらも応援しない、町議候補として係わらないと言うことを決めています。
町民のみなさんが選ばれた町長が、町政運営を行って行くことを、応援するつもりで係わっていこうと思っています。「応援?!」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、あくまでも「議会議員の立場で」町長と対峙して行こうという意味です。
納得できる施策には、その施策を応援しますし、納得できない点にはしっかり意見も述べ、時に批判もするでしょう。私はそう考えています。

そうでなければ、ちょっとおかしいでしょう。
自分が応援した町長だから・・・(よく云う与党)とか、応援してこなかった町長だから・・・(よく云う野党)等というおかしな力が関係が議会にあって良いとは思えないのです。町にとって何が一番良いことなのか?何を見据えてまちづくりを行うのか。
これが基本だと思います。
幸い、あそらく、現在の斜里町議会は、野党とか与党というあからさまな動きに乗じた場面を感じたことは、あまりありません。・・・っていうか、与党?野党?っておかしいですよね。
と、思うのでした。

3月議会が終わったら・・選挙モードに入るのですね・・。
がんばらなきゃ。

DSC03064_1.JPG
今年もやります!2月7日。ガードレールの雪かきです!
みなさん、参加して下さいね。


posted by あとむ at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 議員活動

評論家ばかりなのかな?

また、暴風雪をともなう低気圧がやってきた週末です。
ちょうど、昨年の2月16〜18日にかけて大雪になり、国道が通行止めになりました。
あの時の気圧配置と似ているそうです。
weathermap00.jpg

今は、1月31日午後2:30ですが、知床ウトロでも雪が降ってきました。

最近のニュースに、気持ちが滅入ります。
命に関する事件が多く、どうして、こんなことになってしまったのか?と、きっと誰もが思っているのでしょう。一方で、私たち、いえ、私自身はあまりにもたくさんの情報があり、その情報を整理できずにいます。
イスラム国に拉致された日本人、人を殺してみたかったという大学生、空爆に巻き込まれてしまう多くの命
どんな理由をつけても、どんな利害があっても、人の命を奪うこと、守ることが一番だと思います。

人にはそれぞれの価値観があり、考え方があります。それぞれの違いを認めるということが、こんなにも難しいことなのだろうか?多くの人が、自分の考えを述べて、解説?をします。時には評論を展開します。
とても、自由でそれはそれでよいことだと思うのですが、同時に怖さや心細さも感じています。

これから雪がもっとひどくなりますね。あまり、たくさん降らないで欲しいです。
来週の土曜日は、ガードレールの雪かきボランティアの日です。
流氷を思う存分、眺めてもらうために、ここにしかない景色を楽しんでもらうために・・
きっと、いろんな声はあると思うのですが、でも、見えにくいから見えるようにしたい、
だから、雪かきしましょうか!
こんなシンプルなこと、評論もうんちくもいらないです。

みなさん、参加して下さいね!
0001Lt.jpeg

DSC03067_1.JPG
posted by あとむ at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり

2014年12月31日

議会レポート33号です

12月議会の様子、内容、意見や考えを書いた議会レポート33号をホームページにアップしました。
どうぞご覧ください。
また、これまでの議会レポートは、こちらのページからこれまでの議会レポートをクリックしてご覧ください。

ご意見や感想等もお寄せください。
posted by あとむ at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり

2014年が終わります

2014年が終わります。
毎年ですが、私たちが生きて行く中、本当にたくさんのいろいろな事があります。
辛いこと、楽しいこと、よかったこと、いやだったこと、別れ、出会い。

まちのことは、自分で作った議会レポートを読み返してみて、つい先日の事だったように思えたり。
私個人のことは、過ぎてみるともうずいぶん時間が経ってしまったように感じる事などいろいろです。

皆さんにとってはどのような一年だったでしょうか。

来春は斜里町も選挙の年。また、町長選があるのでしょうか?
まちづくりは様々な人の、こんな町にしたいという思いで進められますが、主体は町の人たち。私たちの思いです。その、思いに沿って、あるいはその思いを受けて町づくりは進められます。
町議選も同じです。町の議員は残念ながら職業としてその役目に就く事は現実では難しく、それぞれの家業の中で議員活動は行われます。
以前も、私は議会の活動について何度か書いて来ましたが、先に書きましたまちづくりの視点で動いて行くとなかなか時間的にも現実は大変だと感じる事が多いと思います。
みなさんの思いを託し、動いて行く人を選んで行くことが大切ですね。
私は、来期も3期目の活動を続けて行きたいと思っています。当事者の私が言うのもおかしな事ですが、しっかりと思いを託す人を、一緒に動いて行く、考えて行く人を選んで行くべきです。

大晦日は釧路の実家で迎える事が、ここ10年以上続いていることです。
実家の母は父が亡くなり一人暮らしです。
家族がそろう大晦日お正月は賑やかです。

お天気がよければ、明日の朝は、釧路湿原に初日の出を迎えに行く予定です。

どうか、みなさんも穏やかで一年を振り返りながら、大晦日を過ごされますように。
そして、新しい年が、希望を持てる良い年でありますように。

一年間、お世話になりました。

ありがとうございます。
posted by あとむ at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節のこと

2014年12月12日

ウトロに公園

以前、ウトロ地域に小さな子どもたちがお母さんと一緒に集える公園を設置すべきという一般質問をさせていただきました。
その後、地域のみなさんと、お母さんたちとが役場の方々と話し合いをしながら、どうやら形になりそうだと、連絡をいただきました。出来上がるのが楽しみです。

私の子どもがまだ、4歳の時に、行政の方との懇談会に参加して、同様のお願いをしましたが、その時の答えが「周りを見てください!こんなにすばらしい国立公園に囲まれているでしょう」が返事でした。
引っ越して間もない私は、冗談なのかと思いました。
それから、24年です。
子育てする母親の気持ちは、今も昔も同様です。
不安感、孤立感、閉塞感・・・最近はイクメンと言う言葉も流行、お父さんたちの育児参加は大きく変化していますが、それでも、小さな子どもと一日中一緒にいることって、かなりのストレス?とは違うけれど、先に書いた感覚は避けられません。
そんな時に、ふらりと出かけられてお母さん同士がお喋りが出来る場所があれば嬉しいものです。
もちろん、そうした場の提供は複数あることがベストです。
お母さんたちの場の交流は、子育て教室よりも時にはありがたい存在になりもします。

今回、計画されている公園は本当にささやかなスペースとささやかな遊具ですが、みんなとても楽しみにしています。どうして、こんなに長い時間、設置されてこなかったのでしょう。
これも、行政の先延ばし?なのか、それとも怠慢なのか?それとも、そう言う町だったのか。
先日、もうすでに子育てが終わってしまった(小さな子のね・・)(大きくなっても子育ては続いているけど・・)お母さんたちでお喋りをしていたときのこんな会話。
偉そうでなくて良い、暖かくて、子育てしやすくて、この豊かな自然に感謝しながら、生活の中で負うべき役割も果たしながら、良いところだなぁって、思いながら暮らせる、そんな町がいいねぇ〜と。

工事は春からだろうか・・みんな、楽しみに待っています。
posted by あとむ at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり