2015年10月10日

委員会研修・2015

ひどいお天気でした。
出かける前から天気図を見て気にはしていましたが・・こんなに酷くなるなんて思っていませんでした。
で、そんな中、議会の総務文教常任委員会の道内視察がありました。

6日、6:00に家を出てウトロー斜里ー女満別ー千歳 ジャンボタクシーに8名で乗り込みニセコ町
ここでは地域公共交通について話を伺いました。循環バスからオンデマンドバスへの移行など。これから取り組みを始める斜里の事業案を8月に説明されていたので、すごく参考になりましたし、考え方や取り組みのポイント、課題などが明確になりました。
10/7美瑛1
こんなシステムで動いています。

7日、7:30にホテルを出て 美瑛町へ。午後には札幌の道議会の第5委員会室。
廃校利用について。この町は、ずいぶんといろいろな取り組みを展開しています。そんな中、昨年オープンした「北瑛の丘・旧北瑛小学校」の後を、研修施設に。そして敷地内にホテルとレストラン。特産産業を活かし観光との的を得たコラボです。人を育てる取り組みが、美瑛に惹かれる人達のニーズと合った展開。
羨ましく思いました。その後は、道議会で北海道支庁の方から、総合戦略プランについて説明を受けました。

10/7美瑛110/7美瑛110/7美瑛1
レストランで昼食でしたが野菜が美味しかった!

10/7美瑛1
北海道議会の天井はステキでした。

8日、7:00にホテルを出て 倶知安町へ。それから嵐になる中、恵庭市へ。
ここでは後志支庁の方、町の方から「空き家バンク」についての説明を聞きました。単独町村では難しい取り組みを、広域連携20町村で取り組んでいるメリットと展開を伺い、こうした取り組みはこれからは必要だと思ったことと、各自治体ではしっかりとした調査が必要だと思いました。観光客の増えているニセコ周辺ゆえにスムーズに動いている感じはありました。斜里町でもシステムを作るべきだと思いますが、やはり広域近隣との連携を図りたいものです。恵庭体育館は、かつてはゲートボール場として作られた(自衛隊の補助金)施設を、床をコンクリにして、その上に札幌ドームの人工芝を張り、様々なスポーツに利用していました。「ほしいなぁー」とは思いますが、なかなか単独町村では難しい規模だと思います。

10/7美瑛1
空き家バンクのホームページ

10/7美瑛1
広い施設です。広域でこんなのができると嬉しいですね。

以前も、何度か書きましたが、かつて「物見遊山の宴会三昧・移動中にもアルコール・単なる観光!」と言われた時期もあったと思いますが、少なくとも私がこれまで参加した議員視察にそのようなものはありませんでした。今回は、行程の調整が上手くかみ合わずに・・すごく長い移動距離となりました。
かなり、物理的にハードでしたが、とても、今の斜里町にとってはタイムリーな研修内容だったと思います。

10/7美瑛1
もう馴れましたが・・視察前は担当の方々と順番に名刺交換・・
いや、やっぱり馴れません(笑)
posted by あとむ at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり

2015年10月05日

道の駅で・集う・マルシェ

10月4日の日曜日は、今年で何回目でしょう?
東オホーツク・シーニックバイウェイ連絡協議会で、網走・清里・ウトロがつながって実施するシーニック・マルシェです。
たくさんのお店が集まりました。
この集まりは、なかなか他のイベントでは見られないお店が参加します。
叱られるかもしれませんが、ちょっと、セミプロな人達から、素人の参加・・つまり、集って楽しく、手作りのものや、美味しいもの、とっておきのものを出品している。
そんな感じ。
会話から、つながって、ひろがって。

イベント流行の最近。地域はずいぶん楽しくつながりが生まれています。
気負わずに、また、こうした ゆるい集まりイベントができたら、楽しいなぁと思います。
その時は、この指止まれ的にみなさん、参加してみて下さいね。

IMG_7075.JPG

marushe.jpg

posted by あとむ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり

2015年09月15日

意見書って?届いてるの?

秋晴れの斜里町ウトロです。
しばらくぶりの更新になってしまいました。

先日の記録的な豪雨で被害に遭われた方々に心よりお見舞いをいたします。
本当に、最近の気候はこれまでの、経験値を超えたものになっています。

前回の議会レポートを発行したあとに、大変多くの皆さんからあらゆる形でコメントやお電話、出逢った時にお話をいただきました。「やぱりねぇ、そういう事やってったんだ」という方から「今どき信じられない」という方まで。いろいろな意見をいただきました。
心配してくださる方もいらっしゃいました。「なにかあったら、しっかりオープンにしてね」と言う若い方からの意見。ありがたいなぁと思いました。
色々ありましたが、私はこれまで同様に、しっかり議会でがんばっていきますね。

さて、明日から斜里町の9月定例議会が始まります。

そんな中、今朝の新聞で網走市議会が安保法案廃止の意見書を再度提出されたという記事を読みました。
斜里町議会でも、6月議会でこの法案の廃止を求める意見書が全会一致で可決され、国へ提出されています。

意見書・地方議会から国へ提出される意見書、つまり議員が提案して議会としてその意見書を国へ提出されると言うものです。
が、私は本当に国へ?関係する機関へ届いているのだろうか?宛先は内容によって、内閣総理大臣だったり厚生労働大臣だったり環境大臣宛になっています。国へ送付されて、どの部署でどのようにまとめられているのかしら?と、不思議になりました。全国の地方議会から、定例議会中には一斉に提出される意見書。
すごい数です。言わば、地方自治体からの意見です。
で、意見書の行方、取り扱いで、インターネットで検索してみました。すると・・・こんな記事がありました。
「意見書のゆくえ・地方議会ニュース」
さらに、「読んだかどうかも回答できない・・」
わたしも、知り合いの総務省の関係の方に聞いてみましたが、やはり彼女は「意見書?さぁ?どんな風に取り扱っているのかな?」という返答でした。彼女が知らないだけなのかもしれませんが、現実的に斜里町議会で一生懸命に意見書を作成し、議員間で協議もして、議案として提出され、本会議の席で説明し、質疑応答を経て討論採決され、提出に至る意見書です。議会広報にも掲載され、6月議会のあとには北海道新聞にも北海道内の自治体で、今回の安保法案に関する自治体の意見書の提出について記事にもなっている意見書。

今、強行採決されようとしている安保法案。廃案にと言う声にも色々ありますが、まずは「幾つもまとめられて法案を一括採決」の矛盾や、もっとしっかり審議すべき、など国民の半数以上の人が、今回の採決に異議を唱えています。国民に選ばれた議員が決める・・と言うのであれば、地方議会から提出された、法案に反対、あるいは慎重審議を求める意見書だって同じはず。

最近の国の施策や、取り組みが、どんどん民主主義から遠ざかっているんじゃないか?と強く感じる昨今。
明日から始まる、斜里町議会では行政と共に、町のために、どうすることが良いのかを、心がけて臨みたいと思います。

写真は今年7月に登った羅臼岳山頂です
DSC03438.JPG

posted by あとむ at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 議員活動

2015年07月07日

議会レポート35号できました

6月定例会が3日間で終わりました。
町長の2期目にむけての町政執行方針・教育行政執行方針を伺い、始まった議会。

前回のブログに、こんなことあったんです〜と書いてから、皆さんからメールや電話をいただきました。
多くの方が・・今どき?まだ?ウチの議会も?
男女共同参画以前の問題ですね・・と言う、他自治体の方からのメールもいただきました。

でも、議会レポート35号にも書きましたが、どなたを推薦する、と言うことについてはご本人の意志であればそれはそれだと思います。私が「それって?それでいいの?」と思うのは、議員個人の姿勢です。
以前も、ある議決承認で私ひとりが「反対」し、質疑、討論を行ったときも「実は、わたしもおかしいと思う。桜井さんの言っていることと同じ意見なんだ。しかし、それに反した意見は述べられない・・そんな雰囲気なんだ」とおっしゃる方。
「仲間の手前、反対に回ることはできない・・理解して欲しい」という方がいらっしゃいました。
群れに弱い。
自分の意見を述べられない。
意見を、意志を封じ込める、そんな圧力が議員の中にある・・
それが、悲しいのです。

立場やイデオロギーの点からも、不可思議だった今回の人事でしたが、これは単に人事配置に留まらない形になっていると、わたしは今回の議会でちょっと感じました。
議会改革が、体裁や議員自身の保身のためや、ガス抜きに終わらないためにも、ちょっと気をつけよう!

議会レポートの内容が「ちょっと、もう少し詳しく書いた方が良かったんじゃないか?」というご意見をいただきましたが、もしも、もっと詳しい「事の顛末」を知りたい方は、桜井のメールアドレスへご連絡ください。
記録として作っているものがあります。
個人的にお送りいたしますので、興味のある方はご連絡ください。

さて、今年の我が家のバラは、とてもきれいにスタートしました。
お近くにいらっしゃいましたら、ぜひ、観に来てくださいね。
IMG_2881.JPG
posted by あとむ at 11:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 議員活動

2015年06月20日

書けなかったこれまでの事

みなさん、こんにちは
4月21日告示の町議選は結局、無投票当選という形で終わりました。
残念な結果でした。
一方で、町長選が行われ、連日の選挙運動を、なかば傍観者的に見ながら「これで良いのだろうか?」という気持ちで過ごしていました。
でも、後援会のみなさんと、これまで同様に町政に赴く気持ちや、理念、方向性などをこれまでと変わらない形でたくさん議論し、話し合いをしていく中で、これからの4年間も今まで同様にしっかりとやっていこうと思えるようになりました。

応援いただいた皆さんの声が、やはり基盤となります。
今回は、特にたくさんの電話や、直接お会いして話をする機会が増えたことも嬉しいことでした。

一方で、なかなか驚くようなことが選挙後に次々と起こりました。
その、流れや状況は、私にとっては信じられないような、人として、議会人として軽蔑に値する姿も見えた、議会人事に係わる動きでした。

5月8日の初議会の人事結果は、すでに届けられている「斜里町議会広報」をご覧になられると良いと思います。また、6月定例議会が終わってから発行しようと思っている、私の「議会レポート」の中では、その議会人事の結果に至る動きを、私が直接耳にした、あるいはその場の状況を、お伝えしようと思います。
議会を去られた先輩議員の方々や、応援してくださる町民の皆さんが「臭いものには蓋をしてきた体質を、変えなくてはならないだろう」とおっしゃいます。
それらを含めて、これまでの「議会が何をやっているかわからない」「議論がない」というマイナスの部分を変えようと取り組んできた「議会改革」です。

でも、それらがなんだか空々しいものに見えてしまった。私の感想です。
もちろん、議会人として新しい議会体制の中で、これまで同様にしっかりと役目を果たしていきます。

長いこと、更新していなかったこのブログを、毎日、開いてくださる方が先日お電話をくださいました。
また、議会広報や北海道新聞の記事を見て、何があったのか?と言ってくださる方とずいぶん、お話をさせていただきました。
いろんな人が、いらっしゃって、様々な考えを持つ人もいます。それを、とやかくは言いません。
でも、議会議員として「自分で判断しなければならない」責任を放棄したり、議会の場を自己顕示欲の場にするなどと言うことは、許されないと思っています。何故って、それが「町のために」なりますか?

と言う事で、しばらくぶりのブログです。
気候が変わって来ている・・と言う、不安感と、今年は植物の生長が早いわ! と、ワクワクする気持ちを交互に感じながら。
6月議会に臨みます〜

写真は6月13日に実施した「ウトロ花いっぱい!」
IMG_4219.JPG
posted by あとむ at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 議員活動

2015年04月24日

わすれちゃうけど4年前

4年前、私は何を考えてやっていたんだろう?
これからの4年間を前に、一度、振り返ってみようと、これまでにみなさんに送ってきた「議会レポート」をさかのぼって見ています。
それから、4年前のこのブログのページには何を書いていたのだろう?と見てみると。
前回の選挙ではインターネットの更新が選挙運動中は禁止でした。今回の選挙では当然のように使っていましたから、変わったのを実感。
4年前の選挙告示を前にしてのブログ

さらに、このブログを始めた頃。
個人のプライベートブログはもっと以前からやっていましたが、この時、初めて議員としてのブログとホームページを作ったのでした。
写真を見たりすると懐かし感がいっぱいです。
8年前の議員として始めたブログ

自由奔放に何でも書いてしまったり、途中でアカウントを使われてしまって大騒ぎをしたり、コメントに侵入されたり、後援会の会長や、しっかりチェックしてくれる仲間のおかげで、いろいろなことがありましたが、やってこられました。

再び、初心に戻って!

CA3A1158.JPG
この写真は前回4年前の告示の日
選挙戦になって緊張していた朝、運転を手伝ってくれた友人と役場の駐車場でしょうか。
今年は、こうしてみんなと写真を写す余裕がなかった感じでした〜
posted by あとむ at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり

クジを引く・ま、いいけどね

21日の告示日
朝7時に家を出て、告示受付のために役場庁舎へ行き 並んで
並んだ順番に、椅子に座り
その椅子の順番に、
告示受付順番を決める、クジを引く順番のためのクジを引き
私の場合は6番目に、今度は本当の受け付く順番が決まるクジを引きました。
結局、私は11番目でした・・。

でもね、クジは残念ながら自分では引けないのです・・。
2回とも自分で引くわけではないので・・。
なんとなく、2回も引く意味があるのだろうか?なんて思ってしまいました。

しかもね、告示受付の順番が決まったけど、受付は8:30からと言うことで、15分以上ずっと椅子に座って待つことに。
以前は、自分で引いたと思うんだけどね。
このやり方だったら、一度でいいんじゃないかな?と思いましたが。
ま、いいけどね。

初めて立候補して、その後、議会の場に初めて入ったときもクジがありました。
議席を決めるために、仮議席番号のくじを引いて、その順番でクジを引き、自分の議席が決まるというもの。

その順番で、ポスターのを貼る場所が決まったりします。
お手伝いくださった皆さん、本当にありがとうございます。51箇所、全てに貼っていただきました。
これまでも、何度も言ってきましたが、私の議員活動は決して一人でできるものではなく、こうした選挙の時、そして普段からも支えてもらいながらの活動です。

立候補受付を無事に受理されて、選挙の七つ道具を渡されて、選挙運動が始まります。
この、七つ道具は、終わった後は選挙管理委員会に返却するそうです。書いてありました。

IMG_9907.JPG
  ピンクの手袋とバンダナは買ってもらいました

自分の手で、引くクジではないのですが、心の中でお願いするとき、あるいは書類を審査して受付してもらうときには、みんなの顔が浮かびます。
街宣車で動くときも、応援してくださる方の姿を思って走りました。

夕方、17時過ぎに定数ちょうどの受付で終了と言うことが分かり、選挙運動も終わりました。
一日、街の中を回って思ったこと、等については、また後で。
posted by あとむ at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 議員活動

2015年04月19日

討論会・私の6分発言です

今日の青年会議所主催の公開討論会
各議員に与えられた時間は6分です。
その中で、昨日のブログに書いた、課題?お題について語るわけです。

さて、原稿はできました。
なにか、変更がない限り、わたしはこうした内容を発言します。
開催は13時からです。

外は雪・・・
12時30分には会場に入る予定です。行ってきます〜
以下に文章をコピーしたので読んでみてくださいね。
議会レポート6046.jpg

桜井あけみの6分間・演説

みなさん、こんにちは
今回、3期目にむけて立候補を表明している桜井です。
今回は、まず、こうした場を作っていただいた、青年会議所のみなさん、開催の進行を受けてくださいました、リンカーンフォーラムの笹村代表、そして、これからの町づくりにこのように耳を傾けてくださるみなさまに感謝いたします。

私は、これまでの8年間、議員として活動してきた中で、心がけていることがあります。
町のことをみんなで考えるには、情報をしっかり、分かり易く伝え、課題や問題を共有することです。その共有は 町のことを考える「きっかけ」になるはずです。
そのきっかけは、次には「まちづくり」と言う動きになるはずです。
そのための活動を、議員という立場の上で、日々、実施してきたと思っています。
同時に議会の場では「町のためになるの?」という視点からしっかりチェックすることをこころがけてきました。
この思いは、はじめて立候補させていただいたときから、変わってはいません。

8年間、定例議会ごとに、3ヶ月に一度、議会のこと、事業の取り組み、私自身の活動、そして考え方をお届けする、議会報告のレポートは34号を重ねました。はじめは、私からの一方通行のスタートでしたが、今では、たくさんの方からの感想やご意見をいただくようになりました。
8年たった今、議員活動は決して一人だけではできないし、やれるものではないと思っています。それは、町のみなさんに教えられたことです。

専業主婦の私には、議員に立候補をする以前からおこなっている地元でのボランティア活動があります。議員活動の時間と地域でのボランティア活動を通じて、この町で暮らして感じるすばらしい価値観、そしてもっとこの町が良くなるように変えていきたいと言う、課題が見えてきます。
こうした活動は、少しずつですが、同じようにこの町に暮らし生活する、価値観を共有する人達とのつながりになっていきました。
もしかしたら、こうしたつながりや価値観の共有が、これからの町にとっての大きな課題の一つである 町の活性化へのきっかけになるのではないでしょうか?

私がこの町に移住して30年が経ちました。今、多くの町では人口の減少が大きな問題です。そのために様々な取り組みが行われていますし、取り組もうとしています。
これをやれば!と言う方法は一つだけではありません。

基盤産業である農業、漁業そして観光。そうした産業から発生する新たな仕事を生み出す起業、あるいは暮らしに密着した生業を始めるチャンスもたくさんある斜里町です。
おととしの秋、雇用促進住宅を町が購入し、一般賃貸住宅として、入居者の募集をつづけています。
この春には、空き部屋がなくなるほど入居が増えました。
「この町で暮らしたい」そう言う人に応えるだけの魅力が斜里町にはあります。
人が、来やすい環境、住む場所、暮らせる場所、行き来する場所を作ることも、とても大切なことではないだろうかと思います。
暮らす価値観の選択肢は人それぞれです。
斜里町から私たちが今、できることは、こんなに豊で安全な環境と、世界に誇れる自然のある、この場所で楽しく健康に暮らしている、住んでいると言う満足感の発信です。
こうした発信も、これからの活性化へ向けての大切なアイテムになるのではないでしょうか。

これからの4年間、わたしは、町の担い手となる若い世代と、子どもたちが元気に、健康に暮らせるためのまちづくりに目をむけたいと思っています。
若い世代の力を信じて、健全な世代交代は産業の中でも、行政の中でも、そして議会でも、必要なことです。
次の世代に繋いでいく議会活動。それは、今後の議会の活性化、議会のあり方にもつながることだと思います。
若い世代の議会への参加、まちづくりへの参加を意識しながら、繋いでいく。若い世代をサポートしていく、と言う役割をしっかりと私自身が自覚して、これからの4年間、これまで以上にみなさんと関わり合いながら議会の役割をしっかりと受け止めて働いていきたいと思います。

斜里町のこれからのまちづくりのお手伝いをさせていただく、そのような姿勢でこれからの4年間も一生懸命にがんばるつもりですので、どうぞよろしくおねがいします。

posted by あとむ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり

2015年04月17日

困った電話が鳴り続ける

この人からの電話を取ると、大変です。
なにを言いたいのか、良くわからず、受け答えをすると、その言葉尻で話が続き、脈絡もないままに世相の、愚痴と、福祉制度への不満が続き・・
議会への批判、他の議員の誹謗中傷。

名刺をほしい、家はどこか、話をしたい(もう電話で今話しているでしょ!)

議会が近くなると、選挙が近くなると、議会が終わると、選挙が終わると
続く電話。

着信拒否をしてもいいものか、ことが大きくならないのか?
現在とっている対応は、この方の番号には「でないほうがいい」をディスプレイに表示するくらい。
でも、認識に時間を要するために、ワンコールで受話器を取ってしまうと・・・あ〜ぁ。

きっと、悪意はないのだと思うけれど。

きっと、こんな対応に悩んでいる人ってけっこういるんじゃないかな。
淡々と・・・とは思うけれど。
今日は何度か鳴り続ける、この番号。
留守電にまで入ってくるのは、凹む。
posted by あとむ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり

立候補予定者公開討論会

4月19日・日曜日に青年会議所主催の立候補予定者の公開討論会があります。
13時から始まるのですが、町議立候補予定者が先で、町長立候補予定者は後の方です。メインは町長だと思います。

町議には一人6分の時間が与えられて、その中で、
1・町議会の現状と町議としての4年間を振り返り
2・町の活性化について
3・今後の町議会の在り方について
4・私の活動方針
に関連したことを述べることになっています。
その後で、コーディネーターとの質疑だと言うことでです。これは、26分?

13日に討論会の説明会がありました。今回、現在の立候補予定者の14名のなかで、この討論会に出席されない方が1名いらっしゃるので、実際は13名の参加です。
発言順番にくじ引きをしたり。

先日から改めて、これからの一期、4年間の私自身の方針や活動の内容について、後援会のみんなと話をしています。
町議会の議員活動って、何もやらずにいようと思えば、何もやらずにすんでしまうこともあり得る4年です。
議会の活性化という取り組みも、ともすれば「やった」と言う発信で終わってしまうようなものもあるのですから、なかなか難しいです。
そうした、なかなか見えにくい、個々の活動として捉えられたときに、議会ってなにやってんの?
と、感じてしまう人達がたくさんいるのは仕方のないことかもしれません。
与えられた議員のための活動費をデタラメに使う人も出てくるので、なおさらです。
ちなみに、これまで何度もくり返して言いますが、斜里町議会には報酬の他に、政務調査費などの予算はありませんので、あしからず。
だから?支給されないことを、なにもやらなくてもいいのだという風にとられたり、とる人がいることも困りますが。

4年に一度、この季節を迎えるのは3回目ですが、相変わらずジレンマのような、しっくりとしない気持ちをくり返す選挙前。
まずは、もう一度、私自身の議員活動と、議会、そして町のことをしっかり考えて見ます。

IMG_9872.JPG
北へ帰るの?ヒシクイもいました!バックは海別岳
posted by あとむ at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり