2010年05月20日

桜の季節に

 桜1

桜が咲くことを、今年は特に心待ちにしていた方が、先日、亡くなられました。
ウトロに来てから、ずっとお世話になった方です。

花の季節になると決まって、わが家の薔薇を見に来てくれました。白いアイスバーグを幾輪か、持って行きました。今年も咲くかな?と言って「早く桜が咲かないかしら」と話していました。

桜の花を持って、天に召されました。ご冥福をお祈りします。
 
 桜2


posted by あとむ at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月06日

コールスローを作りながら

あろうことか!
この季節には欠かせない、わが家の朝食のお楽しみである「むかわのレタス」が、なんと生育不足のために収穫量が減って届かなかった。
先月の低温が影響しているのだろうか?でも、先日NHKではハウスの中で育っているレタスの映像があったのに。残念。
明日の朝食に生野菜がないのはさみしいので、キャベツのコールスローを作りました。
漬け物が大好きなわが家では、西洋漬け物もよく食べます。多くが酢漬け。

ひたすら春キャベツを刻みながら、考えていました。

大型連休と言われたお休みも終わって、この間に、地域の方から言われたいくつかの「あれこれ」や、計画しているイベントの段取りや、施設整備の手配など、ノートやメモに書き出した「やらなければならないこと」を順番に取りかかった。

苦情や問題の指摘は、その苦情や指摘を受ける対象があるからで、対象のないものに対しては苦情や指摘ではなくて「いちゃもん」と言うのだと思います。
その対象となるものは、人だったりものだったりします。
今回の指摘は対象が物。使い手の視点が欠けていた・・・その対応も、なんとなく人任せで生じた問題。

もう一つの方は、確認すれば発生しない問題でしたが、2ヶ月前からこちらが確認をしていても「大丈夫なんだろうか?」と思うような対応だったのです。そして3回目の確認をしたのに「大丈夫です。××には大丈夫」と言っていたのに・・
結局は大きく予定が変わってしまう結果になりました。

なんだか残念です。よく「お役所仕事」という言葉が使われますが、この言葉は、責任のない一過性の言葉のように感じます。利用者が不特定多数だからでしょうか。誰に対して「悪かったな〜」と思えばいいのか対象が特定できない仕事が多いからでしょうか?

縦割り行政の弊害と言ってしまえばそれまでなのですが・・その縦割りも、最近は逃げに使う言葉のように思います。
なんだか、すきっりしない気分。

届かなかったレタスの変わりに、コールスローを作る。コールスローは好きなのに、作る理由がレタスの欠品ゆえに、すっきりしない気分でキャベツを刻みました。
これって、せっかく作るのに、しかも好きなメニューなのに、残念です。
「お役所仕事」同じかも知れません。せっかく行う事業です。最後まで「よかった」を維持する気持ちが大切なことなのだと・・

山盛りに刻んだキャベツに塩を振りかけ酢とマスタードとマヨネーズ少々を加えながら今日一日の「こんなこと、いろいろ」を考えていました。

 コブシ1
 ウトロのコブシ・今年は花がたくさんついています。
posted by あとむ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月04日

ヒグマがいました

5月の連休をウトロで過ごすのは何年ぶりだろう?
たぶん、連休期間中全てをウトロで過ごすのは、はじめてかも知れません。とは言っても、わが家の場合は主人のお休みは月曜日と火曜日ですから3,4,5日の3日間が連休です。1日と2日は仕事です。

 1020ヒグマ

やっと暖かくなったので、外回りの作業をしたり、こぶしの花の開花を確認したり、岩尾別のカツラの木の花を確認したりで過ごしています。そして夕方に出かけた先で3頭のヒグマを見ました。親子のようです。
斜面を登っていきましたが、途中で遅れた子供のヒグマを気にしている母グマです。
左端に遅れた子グマ、真ん中に母グマ、右上にもう一頭の子グマ。

最近、ヒグマを見ることがあまりなかったので、久しぶり。
なんだか、安心しました。

3年前に設置されたエゾシカ柵。ウトロの市街地を囲んで設置されたものですが、エゾシカの侵入が最小限に保たれているので本来の植生が復活してきています。
その恩恵で、ヨモギ餅を作ってみました。(ちょっと失敗しましたが)
ヨモギもシカ柵ができるまでは、何年も家の回りやウトロには摘んで草餅にするほど生えてはいませんでした。
それが、今年は「草餅作ろう〜」と思うまで回復しています。

さて、明日で大型連休はお終い。
明日は何をしようかな。小さな畑の種まきの準備でしょうか。花畑の草取りだろうか。お天気が明日も良いように。
 
 水芭蕉
 昨日からの気温の上昇で咲きました。幌別の水芭蕉
posted by あとむ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月30日

知床にタンチョウ!

4月28日、知り合いから電話をもらいました。
「マコイにツルがいるよ!」
ちょうど、網走へ出かけるときでしたので、ちょうどよかった・・と思い、車を走らせました。
一羽は幼鳥かな?と思われますが、二羽が優雅に餌をついばんでおりました。

珍しい風景ですが、知床博物館報告にも知床五湖にツルがいたと報告があります。最近増えてきたタンチョウヅルです。新天地を求めて視察にでも来たのでしょうか?
 ツル1

 ツル2

いつもはエゾシカとキタキツネ、時たまヒグマしかいない牧場の中です。なんとなく優雅なお客様って感じでした。翌日には見えませんでした。どこへ行ったのでしょう?

posted by あとむ at 11:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月05日

パステル却下です

 
ブログのデザインを新年度だし〜と思い、「ぱすてる」に変更しましたが、さてさて、あえなく却下です。
「読みにくい」「年寄りには見難い」「なんだか、白い文字はなれないね〜」などの声がちらほら聞こえてきますので・・強いこだわりもなく「やっぱりね」と思うところも大きかったので、また、元に戻すことにいたしました。

ほら、私だってデザインを変えたり、一応気配りをしてるのよ〜と、アピールしては見たけれど、自分で開くたびに・・なじめない・・気配を感じていました。

と言うことで、元に戻しました。お騒がせいたしました〜〜〜〜
posted by あとむ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月31日

3月後半慌ただしく

しばらく、パッタリと更新できない日が続きました。

まずは、お知らせ。「議会レポート13号」をHPにアップしました!

定例議会が終わると、やらなければならないのが、この「議会レポート」です。A3の両面にプリントして、配らせていただいています。本当は、A3両面でも書ききれない内容がたくさんありますが、長くても読みにくいのでは、と思っての誌面です。
記事を書いて、編集して、校正して、イラストも入れて、プリントしてから、輪転機(印刷機)にかけて、折り曲げて(提携サイズに)、封筒に宛名を印刷して、封をして
、発送します。

印刷してからは、毎回、みなさんに手伝ってもらいます。
さらに、発送もウトロの分はほとんどを配ってもらいます。
本当にありがたいのです。きっと、一人だけでやっていたら、気持ちがへこんで、孤独感に潰されそうになります。
こんなこと、やって、本当に読んでくれるんだろうか・・と。

でも、発送した後で、何人かの方からハガキや電話をいただくと、やっぱり「よかった」と思うのです。何とも、単純な性格です。

さて、今回はその「議会レポートの作成」の前に、知床愛護少年団の活動がありました。冬季に「開拓小屋」に一泊する企画でしたので、その食材の買い出し、準備、そして20日の当日は朝から山へ。気持ちが焦る中、携帯も通じない場所で、子どもたちの笑顔や歓声を聞きながらの時間は良いものでした。

そして21日に議会レポートができあがり、22,23日は釧路へ。
24日は、報告書の作成を3件・・。そして25日から、新しい旅の形?を企画するツアーに参加してきました。
「着地型観光」・・知床でも取り組みが始まっているそうですが、この「着地型」の取り組みを2年前から行っている「宮崎県・シーニックバイウエイ」からのお誘いで参加してきました(もちろん実費で〜す!)
「着地型観光」の報告はまた、後日に。

そんな慌ただしい3月後半。放りっぱなしのブログには、アダルト迷惑コメントが書き込まれていたり・・やれやれ状態。

明日から、新年度。
さて、回りを片付けて・・行動開始です。

 DSCF9653.JPG
 開拓小屋にたどり着いた愛護少年団
posted by あとむ at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月14日

ホワイトデーか〜

今日はバレンタインのお返しのホワイトデー

バレンタイン?
ホワイトデー?

そんなもん!といつも思っていたけれど、35年前にも「やっぱり・・だよね〜」と友人とチョコレートを買って、憧れの先輩に渡した記憶がある。でもその頃は、ホワイトデーなんてなかったような。それでも、一年に一度、チョコを買う。
夫はチョコが大好物だから、なんとなく「渡しがい」もある。

で、今日のホワイトデー。義理チョコとはいえ、お返しをいただいた。

美味しいお菓子だった。
もちろん、夫からはなんのお返しもなく(サプライズはできない人ですから・・)、私がいただいたお菓子を、一緒になんの不思議もなく食べながら・・こんなホワイトデーってのがなければ、こうして、お菓子なんかもらうこともないわけだから、これって結構、嬉しいものかも。と言いながら二人でサクサク食べた。

食べながら、明日の議会の最終日。総括質疑の内容をメモでいっぱいになった予算書を見ながら考えていました。
明日で、3月議会は終わりです。

美味しいお菓子も食べたし・・がんばろ〜

ほわ1

CA3A0302.JPG
posted by あとむ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月13日

元気もらう詩

すこし、凹んだときに思い出す、この詩は、以前の記事に、コメントをくださった「一年草さん」が、書いてくれたものです。

「本気」

なんでもいいからさ
本気でやってごらん
本気でやれば
たのしいから
本気でやれば
つかれないから
つかれても
つかれが
さわやかだから      相田みつを集より

斜里町国保病院その後1・2009年9月12日・コメント
本当に、力をもらいました。

もう一人、以前も書きましたが、いつも議員活動をしていて思い出す言葉があります。知り合いのお医者さんが言ってくれた言葉ですが、「慣れないこと」です。

3月定例会、実質8日間のうち、7日が終わりました。
残る15日月曜日は、総括質疑になります。来年度予算の全般について、大きな方向性や、考え方、町の方針を確認し、今後の方向性についても質疑する場になります。
もちろん、今回は、新しいゴミ処理施設建設にいよいよ、取りかかるための予算計上や、新しい事業への予算、そして、国保病院の病院運営について、さらにはそこに繰り出される一般会計からの予算、が中心の質疑となります。

一般会計予算書、特別会計の予算書を重ねると、約2cmあります。
この2cmの中に、私たちがこの町で生活するために関わる行政サービスや、事業が組み込まれているので。
そして、それは、大きな町の方向性に沿って組み立てられます。無計画な方向性はありません。
テレビのコマーシャルで、タモリさんが言ってるように「計画的に、計画的にですよ、みなさん」です。

今日は、たくさんやらなければならないことが山ほどあるのですが、どうしても今日やらなければならない・・「味噌作り」を実施しました。
美味しい味噌になれ!と、集中して取り組みました。

議会が終わったら、議会レポートの作成が待っています。

 SLSL
 釧路湿原の中を走るSL蒸気機関車!2月に


posted by あとむ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月07日

2010雪と楽しむ会

昨日は、日中の気温がプラスで、雪や氷が溶けていたのに、今朝は氷点下。ウトロスキー場での「雪と楽しむ会」。
寒かったら・・やだな〜と思いながら外へ出ると・・なんと!流氷が戻ってきているではありませんか!白い帯が青い海にキレイです。寒いはずだよね〜とみんなで焼き肉コンロの回りに集まり、子どもたちのスキー競技に声援を送っていました。

300名ほどの参加でしょうか。年々、参加する班(自治会の)が少なくなって、今年は9班と聞きました。でも、子どもたちの数も増えて、同時に若いお母さんやお父さんもたくさんいて、数年前とは違った様子になりました。

一年に一度、この「雪と楽しむ会」で顔を合わせる人もいます。それぞれが、それぞれの場所で、楽しくわいわいするのは良いものだと思います。
「やめようか」という声もあるそうですが、この「雪と楽しむ会」は、続いて欲しいと思う一人です。
 
 ゆきたの2
 思ったより寒くなく、みんな楽しみました!

 番外編・輪ゴム
みなさんは、「わごむ」って言いますか?「ごむわ」って言いますか?今日の「ゆきたの」(ウトロでしか通用しない略語です)に、帽子を被っていくにあたり、髪の毛が邪魔なので結わえて行くことにしたのだけれど、髪用のゴムはいつも知らないうちにはずれてしまうので、ふつうの輪ゴムで、両方に束ねて止めていった。
この輪ゴムは、郵便物を結わえて配達される時に使われているもの。
もう、後半になった「ゆきたの」の場で、「みっともないよ〜そんな輪ゴムで、とめるなんて」と指摘され・・やっぱりかと思って外そうとしたら、痛かった。
なんでも、この仕様で色のついたおしゃれなものがあるらしい。今度、探して買ってこようと思った。 
みなさんは・・どんなのをお使いだろう?
posted by あとむ at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月06日

納豆5パックの日

夫は、お弁当持参なので今日のお昼は一人。
夜は職場の送別会もあって出かけるので、やはり一人。

そこで、お昼は、納豆を2パック食べました。
そして、夜は、納豆を3パック。

なぜか、納豆が冷蔵庫の中にたくさん貯まってしまったゆえに、消費に努めるため。先週の木曜日には、3パック組の納豆が、なんと6組。つまり、18パックあったのです。2日間、夫はお昼にその納豆を消費し、夜、少し遅くなった時に、私は遅い夕食を納豆で。その結果、15パックに。そして、今日、一気に5パック!
残りは10パック。

なかなかこの時期には買い物には行けないので、定番商品を生協の宅配でお願いしている。そこに、マイクルってのがあり、注文用紙に記入しなくても、注文用紙を提出しなくても届くシステムがある。(毎回来る)いらないときはチェックを入れるのだけれど、そのチェックを忘れた。しかも、各週で違う種類の納豆も注文していたので・・結果、このようになってしまった。

納豆は大好きだから、良いのだけれど、さすがにお昼の2パックはノーマルタイプで食べたので、夕飯の3パックは、ちりめんじゃこ、のり、タマゴを溶いて焼いてみた。これなら、ご飯はいらないかも知れないと思いながら、ついでにとろけるチーズも加えてみた。

美味しかったです。
あ〜、だけど、やっぱり納豆はふつうに、一パックを食べてる方が、良いかもしれない。納豆じゃないものが食べたくなりました・・・。

さて、一般質問の原稿をチェックして、明日は、ウトロ地域の「雪と楽しむ会」です。焼き肉や、お蕎麦が楽しみ。もちろん競技にも参加します。
posted by あとむ at 18:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月01日

2010年・はじまり

満月が西の空に沈み、東の空から太陽が昇りました。
 元旦満月
 湿原展望台に沈む満月

不思議な光景を、清んだ透明感のある空間で見ることができました。昇ってくる太陽に、母が言うように「思わず手を合わせたくなる」気持ちがおこります。陽が当たるとその温かさとまぶしさに感動します。

 元旦初日
 湿原から昇る初日の出


昨年も、たくさんの方から私の活動に対して、ご意見、ご指導、ご指摘などをいただきました。
なんだか、空回りしているような不安の中、自分がどうすればいいのだろうかと、いつも考えてきました。
来年の春には私の任期は終わります。
残り一年、できることをまじめにやっていきたいと思っています。

議員らしくない・・と言われながら、反省もたくさんしてきましたが、私は、「議員らしい」という括りや、行動、意識に疑問を呈してきました。
私も含めて、議会の果たす役割のイメージと、実際のシステムの違いをよく理解していなかったことに気がつきました。どうすることが私の役割だろう、それをこれからも考えながら、がんばっていこうと思います。

それぞれの立ち位置の議員がいる中で、私が持っているノウハウと言えば、おそらく「議員らしくない」立ち位置の視線だと思います。その視線を持ち続けるためにも、これからもたくさんの人の意見や考えをいただき、何が、斜里町にとって一番良いことなのだろう?と言うベースを見失わないように、議会活動を続けていきます。

どうぞ、これからもよろしくお願いします。

 元旦アトム
 毎年一緒に初日を見ているアトム11歳

お正月明けから、また、みなさんに報告しなければならないことなど、続いてくると思います。議会としてどのよにう動かなくてはならないのか・・
「つづく」と言う問題がまた、始まります。
posted by あとむ at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月10日

体育の日・・

お久しぶりです。

 10/10斜里岳
 雲が消えると・・山が真っ白に!


議会の終わったあとから、しばらく更新できない日々が続きました。
なんどか、このページを訪ねてくださったみなさん、ごめんなさい。
メールでも、町であったときにも、電話でも心配してくださりありがとうございます。
言い訳には・・「議会レポートができなくて・・」を繰り返しました。
それは事実です。定例会ごとに斜里町内の方にお送りさせていただいている「議会報告」が、なかなかできずにいました。
なんだか、早くやらなきゃ・・と思い続け・・やっと7日に全て発送、配る事ができました。現在は、約450通ほど送らせていただいています。
みんなに手伝って貰いながら、やっています。
送ることができてよかった〜と、台風が来る前に気持ちが楽になりました。

さて、今日は10月10日!体躯の日だね〜と、今日一緒に行動していた友人と話していましたが、違うんですね。
最近の日本の休日は、記念日と休日と、祝日がごちゃごちゃになっていませんか?
私たちが日常生活している中で、日時ってけっこう大切ですよね。
誕生日、結婚記念日、大切な人の命日と365日を一年として、年齢も重ねる暦。
10月10日も、東京オリンピックの日だったはず・・。

確かに、お休みが続いて連休になるのは良いのかも知れないけれど・・
なんか、違うな〜と思っているのはわたしだけではないはず。

「今年の体育の日はいつだっけ?」という会話が、いまに「今年の10月の連休はいつ?」と言う会話になってしまうでしょう。
成人式もそうですね。敬老の日もそうだし。

そんなことを話しながら、お昼は景色の良いおそば屋さんへ。
最近、斜里での作業があったために何度か続けて食べに来ています。
始めて食べた友人も「驚いた・・おそば・・おいしい」と感動していました。(ただし人によって嗜好は変わりますからお好みはいろいろでしょうが)
わたしも大好きなここのお蕎麦。

 10/10らいうん

久しぶりに連れてきて貰ったときは・・「辛み大根のそば」
竹久野生さん(辻まことの娘さん)と来たときは「もり」
わいわい来たときは「本日限定のきのこそば」
そして今日は「ゴボウ天そば」でした。
ここ3週間に四回も来てしまいました。もう、道もしっかり覚えたし!

窓から見える海別岳もこのように真っ白に

 10/10海別

わたしにとっては、10月10日は、やはり体育の日であるし、ゆめホール知床がオープンした日、そしてお世話になった方の命日。

そうだ、10月10日って「晴天率」も高いんですよ!
posted by あとむ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月02日

政権交代

「変わって欲しい」という気持ちの結果だと思うけれど、なにが、どのように変わるべきなのか?長い間の体質に慣れているからだろうか、なかなか具体的には見えてこない、イメージできないのが正直な気持ち。
戦後、敗戦の中から日本はめざましい発展を遂げてきました。
豊かな生活を・・と言う人々の気持ちがこの国の流れを作ってきたのだと思います。その大きな力は自民党だったのでしょう。

選挙が終わって、改めて思ったことは・・
何度も書きますが、私は欲張りなので・・比例で当選する人はこれからの政治に力を発揮できる若い人であって欲しかったし、この比例ってなんだか不思議な後味の悪さを残すシステムだと思います。

9月になり、急に涼しくなりました。

明日は9月定例議会へ向けて会派の説明会があります。
病院の問題、あるいはゴミ処理場、あるいは雇用促進住宅などの問題はどうなっているのでしょうか?
病院の医師不足、雇用促進住宅の廃止に係わる問題は、国策のマイナス結果を地方に押しつけた結果です。もっと、中央で働く政治家は地方の状況を知っていくべきだと思うのです。陳情という形で耳に入る情報ではない現状を知るべきだと思います。
そのために、私たち住民もあらゆる手段で情報を発信しなければなりません。
何でもそうだと思うのですが・・・結果だけを重視した取り組みは意外と時間がかかります。でも、経過を重視した取り組みをはかれば、結果は早く完成するはず。

しばらくはニュース番組が賑やかになります。
 
 夕陽
 
 これからの季節はこんな夕陽が多い釧路です。
posted by あとむ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月14日

熊田千佳慕 

8月13日・未明に精密画家のクマダチカボ氏が亡くなられました。98歳です。

 おやゆびひめ

私が、4才ころに買ってもらった「おやゆびひめ」が、今も本箱の中にあります。娘にも息子にもこの絵本を読んでいました。
不思議の国のアリスは、いとこに小学校の時にもらいました。どちらも大切な本です。

ファーブル昆虫記の虫たちは、なかなか新しい本の発行まで時間がかかり、ずいぶん長い時間をかけてそろえました。
「みつばちマーヤの冒険」も楽しくて美しい絵本です。
1995年に風信ネイチャーブックから発行された「野の小さな花たち」で、熊田千佳慕のことを詳しく知りました。
「おやゆびひめ」の出会いから40年!です。

植物や虫が大好きになったきっかけの一人がクマダチカボだと思います。

彼の視線は、私の祖父や父に共通のものがありました。

ご冥福をお祈りして、そしてありがとうございました、と言います。
(花畑の草取りをしているときに・・雑草を抜くなんて!と言う悲しい顔をするクマダチカボを思い浮かべていました。これからも、思い出しますね)
posted by あとむ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月03日

ナショナル・ジオ・グラフィック

日本語版が発刊されてから、すっと購読していた「ナショナル・ジオ・グラフィック」を、先月号を最後に止めました。
昨年は、やはり20年間購読していた「季刊・銀花」を止めました。

理由はいろいろですが・・経済的な部分も大きくて、あきらめました。

かなり、大きな決断でした。
だって、毎月楽しみにしていたから。本が届いてからは、毎晩寝る前にワクワクしながら読みました。きれいな写真に感動したり・・しらなかった情報に驚いたり。
だから、「やっぱり止める」の決心は大きかったのですが・・・
昨日、「ナショジオ」から、電話があり、優しそうな人の「どうして?」という問いかけに色々と、家庭の事情まで話してしまいました・・・。
「そうですか、残念ですね」で、電話は終わりました。

そして現在、北海道新聞の夕刊を止めようかな・・・と、思う日々。

議会活動の勉強と情報収集には、やはりお金がかかります。
我が町の議会には、政務調査費はありません。必要な情報、場、研修会にはお金がかかります。
さて、やりくり上手になりましょう!と、気持ち引き締めて、がんばるかな。

 クリスマスローズ赤
 タネから育てた、クリスマスローズ。
 少しづつ、庭にはこのクリスマスローズが増えてきました。楽しみです。


posted by あとむ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月17日

知床自然愛護少年団で網走へ

前日の大嵐が去った翌日、ウトロの子供たちと少年団活動で網走へ行き、流氷砕氷船オーロラに乗船する企画があり、早朝7:30に大急ぎで家を出て・・集合場所へ。この日はスキー大会があり参加できない子供が居たので6名のみんなと活動開始。

090215-1

最初は幌別で写真撮影。遺産センターの写真パネルの彼らはモデル!
沖のほうにある流氷の上にアザラシの姿も見つけました。
流氷が砕けて、波打ち際に丸い氷が石ころのように散らばっていました。この季節の海は毎日、変幻自在です。

090215-2

その後、網走に向かって移動しながら、途中でオオワシを観察したり、アトリ科のベニヒワを双眼鏡で観察しながら網走へ向かいました。
途中の白鳥公園ではオナガガモやホオジロガモを観察しました。白鳥の餌としてパンくずが売られていますが・・やはりこのような状況はあまり良いものではなく、自然の状態で観ることができる環境をなんとかしたほうが・・と思いましたが、野鳥と餌付けの問題は、わが家でも考えなくてはならないことだと・・複雑な思いでした。

090215-3

さて、網走の流氷砕氷船オーロラには大勢の観光客が乗船しました。
なかなか美しい風景が楽しめました。沖のほうの流氷帯まで走り、氷の中を航行します。迫力には欠ける氷でしたが、でも、ご覧のように美しい景色です。

090215-4

オーロラの作った航路です。遠くにはもう一台の砕氷船が見えます。

090215-5

冬の観光の最盛期。網走の観光客はこのオーロラが目的だそうです。
このあとは、流氷館・知床博物館を見学して帰ってきました。子どもたちとの会話が楽しく、久しぶりに「楽しい時間」を過ごすことができました。


posted by あとむ at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月07日

知床博物館で寄生虫

知床博物館の特別展の講演会で寄生虫の話を聞きました。東京目黒の寄生虫博物館の学芸員?研究員の方の話でした。
(巌城隆氏)

今日は寒い日で、気温は氷点下、講演会が終わり午後8時30分に帰るときはマイナス8度でした。
普段はなかなか聞くことのできない話で、とても楽しかったです。

アザミウマタマゴバエはアザミウマタマゴを生み付けるハエそのまんまの名前です。キリギリスに寄生するハリガネムシの話(昨年その姿を見ていたので)を聞いて驚きです。彼らは寄生したお宿であるキリギリスの行動をコントロールするらしく、水辺に誘い出すというか・・水辺に誘導すると言うのです。
夜に草にかじりつくように仕向ける寄生虫とか・・。すごいモンです。

  寄生虫
チャンスがありましたら、目黒の寄生虫博物館へどうぞ。
私は何度か行きましたが面白いですよ〜


ウトロではこの虫は結構一般的な「アニサキス」の話も興味深いもので、あの痛さはかまれた痛さではなく、アレルギー反応によるものらしいのです。ですから、一回目の罹患は反応なしで2回目以降が抗体反応で痛くなるらしいのです。

サナダムシや蛔虫の話・・そしてエキノコックス。

ウトロから博物館はやはり遠いけれど・・聞いて良かった講演会でした。


posted by あとむ at 22:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月21日

2月24日の大雪と・・

ooyuki

携帯を壊してから・・不穏な天気が続き(気分は不穏でした)、とうとう24日はこんなに雪が降りました。玄関も開かず、窓にはこのように吹きだまり。
この日は、雪かきに精を出したために・・圧力釜でご飯を炊いていたのを忘れて夢中で汗をかき・・
「なんだ?この?におい?・・」と気づいたときには黒こげ。不穏でしょう?

2008/2/281

しかし、28日に実施した「ガードレールの雪かきボランティア」には、予想以上の人が参加してくれました。
オシンコシン駐車場、幌別、プユニ岬の積もった雪をみんなで除雪しました。

2008/2/282

ほら、こんなにキレイになりました。この季節しか楽しめない流氷の海を気持ちよく見てほしい・・そんな思いからの「雪かきボランティア」でした。
こうして参加してくれるウトロ地域の力と意識に感謝しますし、本当にすごいな〜と思うのです。


posted by あとむ at 21:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

そもそも・・ここから

keitai

なんてショックな写真でしょう!

2月17日、日曜日のことでした。この日はある団体の主催で、少し流行っている落語を聞きに斜里へ出かけて、「マイ箸」もがんばって売りながら、イベントも終わって帰宅途中に、友人の旦那さんがはまっているという「青汁」を求めて立ち寄ったドラッグストア前に・・
雪が降り始め、友人と運転を替わったときに・・
着ていたジャケットのポケットから落ちたのに気づかず・・・
そのまま走り去り・・・
気づいて戻ってみれば、ほれ!このとおり。

中のアドレスも救い出せずに・・ただの無惨な携帯になりました。

気に入っていたし・・使いやすかったし・・

幸いにも、夫の携帯のアドレスを瞬時に転送できたので・・
でも、私関係のアドレスは消えてしまったので・・未だに、かかってきても名前の表示がなかったり、メールアドレスがなかったり・・とけっこう不便状態です。

この日から・・なかなか私は、落ち着いた時間が持てぬままに4月になってしまいました。
posted by あとむ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月04日

立春です

今日は立春。

日本の季節の「二十四節気」は、北海道にはそぐわないと思うときもあるけれど、でも、太陽の動きには、なるほどと思わざるを得ない事がある。
その季節に当てはめられた言葉は美しい。

知床の今夜の気温は氷点下10度を超えているけれど、今日からかわるものがある。
それは、陽差し。
ウトロはオーロラファンタジーが始まる。冬のイベント本番だけど。

そして、きょうは夫の誕生日。
おめでとうの気持ちをこめて、彼の好きな黄色いバラを。
このバラは、十勝のナーサリーで彼が買い求めた種類。今年も美しく咲いてくれるだろうか?

 2008/2/4

アンバー・クイン 太陽の色かな?

そう言えば、もう一つのブログは、また元気になったようで・・惑わせて・・ごめんなさいね。 昨日?更新してみました。

posted by あとむ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記