2007年11月15日

知床・雪が降ってきました

雪が降ってきました。霙の雪ですが、だんだんと山が見えなくなり、カラ松の色が濃くなってきた午後に。
朝から北海道の各地で雪の様子が伝えられたからでしょうか。
雨でしたが、とうとう雪になりました。
この季節の雪は、私たちに「覚悟」を強いてきます。
「ほら、大丈夫かい ?」と。
まだ、根雪になるまでにやらなくてはならない冬支度が残っています。でも、今日のようなお天気を見ていると・・小春日和は来るのかしら?と不安になります。

DSCF4159.JPG

今年はイカが採れています。いただいたイカを何もせず、干してみましたら美味しい「スルメ」になります。風が作ってくれる料理です。
わが家の家の回りも、後、何回かの手入れをして冬を迎えます。
わが家の庭で風が作ったスルメイカです。ストーブで炙っていただきますね。

先日、まちづくりのフォーラム(正確にはシーニックバイウェイの活動で)で十勝へ行ってきました。とても有意義で元気をいただけたフォーラムでした。
十勝に限らず、私たちの住んでいる北海道はとても魅力的な地域だと、改めて再認識してきました。
知床もたくさんの人達の素敵なアイディアがそのたくさんの人の数、あるはずです。
すばらしい景色も、食材も、条件もあるのです。
ないのは、それらを繋げて、たぐり寄せ、情報を含めたエッセンスを盛り込む、アレンジメントをする人がいない・・そう思います。
用心深さ、懐疑心、不信感がそれをじゃまするのでしょうか。あるいは、よこしまな気持ちになびいてしまうかもしれない自分が怖いのでしょうか。

DSCF4202.JPG

いつも、ジレンマを感じます。
写真は十勝の小高い雑木林。
posted by あとむ at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6795270
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック