2012年04月01日

意志の見えないがれき対応

昨日、4月の斜里町広報誌が配布されました。

その中に、オレンジ色のA4 の紙に(斜里町の広報誌は本誌よりも別紙のほうがはるかに枚数が多くて読みにくいのですが・・)どちらが表か裏か分からないのですが、一面に「災害廃棄物(がれき)の受け入れはしません。」という見出し文章がありました。
文章のあとには 斜里町長 馬場隆 と自筆のサインがありました。

正直、その文章を読んで思ったことは、「がれきの受け入れはしない」と言う結論に至までの説明がない!意志のない「がれき受け入れはしない」と言いう「お知らせ」文章であり、これを読んでみんなは納得できたのでしょうか?と言うものでした。

がれき受け入れについては議会の場でも、受け入れるべきではないと言う意見や、受け入れるべきだという意見が、様々な理由の中でそれぞれあることは話されてきました。先の臨時議会でも、交付金の返還云々とは別の部分で、馬場町長の考え方を何度か伺いました。
最終的に、なんとなく方向性は理解できましたが、すきっとしない気持ちは残りはしました。しかし、町民の安全、安心、そして環境第一の斜里町にあって受け入れるべきではないと言う私の意見に対し、自分もそう思うし、受け入れる状況にはない、と答えた町長でした。その状況とはゴミ処理施設との協定書を結んだ地域の方々との安全、安心確保の約束です。
さらに、広域処理については、持ち出さない、持ち込まないが原則だと思う事、しかし、今回の震災がれきについて国の取る広域処理に対し「けしからん」とは言えない立場も理解して欲しい、とも言いました。
私も、その部分は納得はできずとも理解はできました。

でも、一番は先の安心、安全そして環境だと言う点は、斜里町の産業を考えても、また、環境自治体としても、さらには自然遺産地域としても、そして今回のゴミ処理施設の建設地域のみなさんとの協定も踏まえた上でも基本的なスタンスだと思っています。

しかし、残念ながら今回のこの、オレンジ色の紙面には、一文字もそのような言葉はありませんでした。
「これまでの議会質疑や新聞報道にありますように・・・」と、書かれていますが、町民が議会質疑で町長がなにを述べたのか、分かりますか?新聞報道で書かれてきたことは、町長からの町民へのメッセージを代弁しているものでしょうか?まして、新聞は町民全部が読むのでしょうか?町長の町民へのメッセージとは、直接、町民へ語られる、発せられるべきものではないのでしょうか?

写真-1.jpg

交付金の減額手続きについて、10行以上のスペースで説明されていますが、これは議会でも明らかになり新聞報道に対しての斜里町からの事実確認です。矛盾していませんか?「これまでの議会質疑や新聞報道にありますように・・・」と良いながら、ここでは新聞報道についての解説をしているのです。
受け入れをしない・・その意志を、その理由を町民に対し町長は伝えていないのです。

「当初から、災害廃棄物の受け入れを考えたことはありませんでしたが・・」と言う文章も、どうしてウチの町はがれきを受け入れないのだろう?と思っている人にとっては、全く説明も不十分であり、ここにも町の、町長の意志、考えはありません。ましてや、「考えたことはありませんでした」と言うことは、では、なぜ?がれきを受け入れないと決めたのだろう?と受け入れすべきではないと思う人にとっても疑問が残る言葉です。
「被災地の人たちが懸命に努力をしている中で、それに報いる、応援するためには・・」の 報いる と言うのはなにをしたことに報いるのでしょうか?
議会の中でも、被災地への応援は他の形でできることがたくさんあるはず、と言う意見が多く出されました。私もその通りだと思います。しかし、報いるべきことがあるのでしょうか?理解できないのです。

この文章、いったい町長は誰に対してなにを伝えたい文章だったのでしょう。
もう一度、読み直してみて欲しい。

がれきは受け入れるべきではないと言う意見の人にとっても、また、がれきは受け入れるべきという意見の人にとっても、なにも伝わらない、なんだか良くわからない、意志を持たない文章であると私は思いました。

これを読んで納得などできない。
そして、考えて欲しい。考えた上でのその決定を聞きたい。私は、そう思います。

写真-4.jpg
posted by あとむ at 15:39| Comment(2) | TrackBack(0) | まちづくり
この記事へのコメント
はじめてコメントします。
いつも読んでいます。こんな議員ははじめてです。町のこと少し気になったら桜井議員のブログをよく見ます。最近はTwitterも見ます。広報に入っていたがれきのチラシを読んで、良くわからないと思ってもしかしたらと思ってブログを見たらやっぱり書いていました。同じ意見です。これは町長が自分で書いたの。なにを言いたいのかさっぱり分かりません。自分はあまり難しいことは分かりませんが、桜井議員さんの言ってることはわかります。なんだか、自分もなにを書いているかわからなくなりました。ブログで書いていることに賛成です。これからもよろしく。読みます。
Posted by ちょうみんみん at 2012年04月01日 21:19
ちょうみんさま
コメントを寄せて戴きありがとうございます。「こんな議員ははじめて」、と書かれているので緊張しながらご返事を書いています。どんな議員でしょう。私は。
オレンジ色のチラシですが、おっしゃる通りだと私も思います。がれき受け入れについては様々な意見があることは承知していますが、町は、どのようにそのがれき処理を考えたのか、そしてその結果を伝えることが説明責任だと思います。新聞に書いてあるから・・とか、新聞に書かれたから・・と言う、誰かのせいにする文章ではいけないと思います。
他にも私のブログを読んでくれた方から同様の意見がありました。みんなが、こうして意見や考えを出してくれることはとても大切なことです。どうぞ、これからもよろしくお願いします。「こんな議員・・」ですが、がんばります。
Posted by さくらいあけみ at 2012年04月04日 15:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54759502
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック