2011年11月11日

震災と原発と生きること

3月11日の震災から今日で8ヶ月目。ずいぶん長い時間が経ちました。が、いまだにその被災の解決すら見えない中で、多くの人が生活をしています。
これまでも、何度も書いてきましたが、いまだに収束の見込みのない中で、この国はどこへ向かおうとしているのでしょうか。

私たちの町も、こうした方向性の見いだせない国の施策の中でとても苦労しています。
3月11日から、何が変わったのか、変わらなければならないことはなんなのか、変えてはいけないことはなんなのか、それを誰かに言われるのではなく、誰かのせいにすることなく、自分たちで考え、選択していかなければならない時代になった・・事だけは、今の私にも認識できます。

今日も、秋晴れの良い天気です。
posted by あとむ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50213384
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック