2011年10月27日

斜里町民限定宿泊券

相変わらず、カメムシ(スコットカメムシ)の被害に(最近は被害とも思わなくなってしまった感がありますが・・)毎晩、対応しています。だれかもツイッターで書いていたけれど、この季節、一部地域ではガムテープがたくさん使われていると思います。
有効な薬品の紹介もしていただきました。
家の壁にひっつく彼らが、壁に寄らないようにすることは、一時的には大丈夫でも雨が降ってしまうと効果が薄れたりいろいろです。家屋のまわりに薬剤散布をすると、他の虫たちも死んでしまいます。毎年、季節ごとにやってくる虫を楽しみにしている私には、それも辛く実施できません。
唯一、ドアに「網戸に虫こない」を散布塗布していますが、これが効きます。ドアの隙間から侵入しようとする時に、この薬品に触れて死んでしまうらしく、侵入は一応阻止できます。でも侵入はドアばかりではないので、軒天の隙間や基礎の返し部分にも・・と思いますが、まあ、このへんで良いかな・・と思っています。

さて、7月下旬に発売されました「斜里町民限定宿泊券」を、みなさんはご利用になっていますか?
9月議会でこの事業の経過について質問させていただきましたら、全体計画の16%ということ。議会レポート(NO.20)にも書きましたが、あまり人気がないようです。
その後、関係機関からカラーのチラシを町内全戸に配布しました。1月20日までの有効期間。

私は、この予算が計上された時にも、この宿泊券の効果や方法、システムについてはもう少し議論や検討が必要だと思ってきました。観光業に対しての援助や助成というのは難しいものだと思っています。
町がやらなければならないのは、イベントに対しての助成や、今回のような宿泊券発行ばかりではなく、観光にとってのベース、つまり基盤整備だと思っています。

観光にとっての基盤、インフラ整備です。たとえば、ウトロの温泉。この温泉の安定的な供給や環境整備。あるいは、公共的な施設のサービス向上のための取り組み。観光の人たちのためのトイレ、駐車場、看板整備。案内地図、パンフレットの充実と。

とは言っても、今回の「町民限定宿泊券」は、大きなプレミアムがついていますから、これからの季節、忘年会などに利用すればとてもお得なはずです。
私も少ない口数ですが、この宿泊券を購入しました。商品券もいただきました。
町内のホテルに家族で宿泊して、のんびり過ごすのも良いのではないかと、一利用者として思います。

みなさん、この際ですから、たくさん利用しましょうよ。遠くからいらっしゃる親類やお友だちとの宿泊にも使えるそうですので、我が家もお正月明けにやって来る親類との宿泊にも利用しようかな、と考えています。
posted by あとむ at 10:42| Comment(4) | TrackBack(0) | まちづくり
この記事へのコメント
斜里国保の事ですが12月に常勤医師が来るとか来ないとか聞いてますかexclamation&question
非常勤医師もアメリカからの先生にアメリカ=斜里の航空券も負担してるとの事ですが本当ならヤリ過ぎかと思います。
斜里在住の非常勤医師も居るとの事ですが、町民ならその先生にお願いしたら国際交通費は掛からないのではないでしょうかexclamation&question
町議会として町議として事の真相が知りたいし税金で運営してる以上は町民にわ知る権利もあると思います。
赤字を少しでも減らす努力が全く見えないのわ残念です。
Posted by 町民 at 2011年10月29日 11:55
町民さんへ コメントをありがとうございます。
町議として事の真相を知りたい、知ることは必要だと思いますし、町民にも知る権利はあると、私も思います。建物を作るのにいくら工事費がかかる?事を知るのは簡単ですが、こと、人事や個人の事情なども関係してきましたら、少し難しいと思います。経過としてどこまで公開するのは?は判断が必要だと思っています。

私が確認したり、分かっている範囲でお答えします。

まず、一つ目・12月に国保病院の常勤医師が来るという話ですが、議会では何も聞いていません。きっと、来てくれそうな先生がいる・・と言う部分で交渉中かも知れません。国保病院ではお医者さんを募集していますから常に、応募してくる方、また、お願いしに行く場合も含めて対応しているそうです。はっきりと決まったら公表するはずですから。決まると良いですね。

二つ目・アメリカからの非常勤医師の方の話ですが、以前、議会で私も質問させていただきました。日本に帰省しているときに斜里へ来てくれている方だそうです。交通費はアメリカから日本への分は支払っては居ません。その方の日本に住んでいるところから斜里までの分です。アメリカからの航空券の負担はしていません。以前から来てくださっているそうですが、以前からそれはありません。

三つ目・斜里町在住の非常勤医師の方は、勤務地が関西方面の病院勤務だそうです。しかし、家族が斜里町在住の方ですから、お休みの時、休暇中にこちらの病院で非常勤医師として対応してくださっていると言うこと。

病院の赤字の問題は、私は、現在の医療政策、体制に問題があると思っています。小さな町で病院を運営していくのは非常に大変なシステムだと思います。今回も昨年度の決算状態を審査させていただきましたが、経費節減の部分ではかなり努力はしていると思います。それでも、町の病院としてこれからもやっていくからには、今まで以上の医療環境の改善や取り組みも必要です。
効率の良い病院経営が、必ずしも、斜里町の実情にあった病院ではないと言うこともあります。

まだまだ、これから考え、選択が必要な時期が来ると思います。
回答になりましたか?

これからも、分からないこと、知りたいことなどありましたら、お気軽に来てくださいね。
Posted by さくらい at 2011年10月31日 13:25
丁寧な回答ありがとうございます。
国保問題は医師不足から様々な問題が山積ですね。
観光地を 抱える斜里にとっては町民のみならず観光客も安心出来る医療体制を作らなければなりません。赤字もある程度は町民も容認してるとは思いますが数年前から右肩上がりに赤字が増え天井が見えないのも事実で恐ろしいなぁと感じています。
ある程度以上の赤字になった時には議会も色々と知恵を出すと信じたいけど今の流れからは問題視する事自体がタブーなのかなぁ?
医師が居なくなっても赤字になっても規模縮小とは考えず今日まで綱渡りをしてきましたが医師がまた居なくなった時にバタバタ町民集会や臨時議会を開くのでわ無くて今の内から構想を議会で話し合いまた町民にも伝えなければ以前の様なドタバタ騒ぎになり国保で働く人も医師も町民も安心出来ないんじゃないかなぁと…
有志町民で結成した会もその後の活動も見えて来ないし町民すらこの問題をタブーしてるんでしょうかね。大変勇気を要する事とは思いますが議院として声を上げて今後の展開を期待したいと思います。
Posted by 町民 at 2011年10月31日 16:16
町民さんへ コメントへの返信が遅くなりました。
ごめんなさい。

確かに、赤字は一昨年の内科医師の体制がとれなくなったときに、入院や外来の制約が生じ、また、非常勤医師での体制が増えたために大きく減収しました。一昨年と昨年は町の一般会計からの繰り入れもおっしゃるように右肩上がりになりましたね。
でも、昨年より改善されて2名の常勤医体制になったので、これまでの繰り入れよりも少なくなる見通しです。
ただ、これからの問題はたくさんあります。
私は、病院の問題をタブー視するような感じになっているとは思っていません。(それとも、なにかタブーな問題がまだあるのを、わたしが知らないだけなのでしょうか?)
議員や議会が病院の現状や、状況について報告を受けたり、方向を話したりできるのは、担当の委員会になります。産業厚生常任委員会の所管です。
開催される議会の中で、病院に関するものが出たときには、いろいろと質問をすることはしていますが、やはり3名体制の内科医師の確率が当面の課題だと思います。

同時に、町民さんがおっしゃるように規模の問題もあるでしょう。6月議会で小児科の常勤医師の確保も・・と私は一般質問しましたが、町の回答は納得はできませんが、現状では仕方のないことだと思いました。同時に、本当にどのような形で小児科があることが望ましいのか?も、考えました。

町民有志の会は、あの活動のあとに、地域医療協議会を町が組織し、その協議会に病院問題の情報の公開などを求め、実質は協議会の活動になっていると(厳密には違いますが、でも、参加している協議会メンバーの立場は町民の視点だと思っています)私は整理しています。

議員として何に対して声をあげるべきなのか、私は、今後の町の病院運営の方向性が出された時点で、その是非を問いたいと思います。そのためにも、例えば、私たち町の病院には内科と外科のほかに、現在の月に何度かの小児科や産婦人科、あるいは検査態勢などの必要性を改めて、町のみなさんに問いかけることも必要だと思います。

確かに、2名の内科のお医者さんが決まって、ちょっと「やれやれ」感は感じますが、お金の面など医療機器の更新も含めて緊張した状態であることは間違いありません。まずは、町の病院です。みなさん、利用しましょう・・と。

町民さんのように、こうして町の病院の問題について考える姿勢が、阿智の多くの人にも求められていると思いますし、私ももっと調べてみようと思っています。
まずは、健康診断を申し込もう・・と。
Posted by さくらい at 2011年11月06日 16:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49410833
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック