2011年09月01日

視察・札幌近郊の図書館

24日から26日まで実施した総務文教常任委員会の最終日、午前中は、少し宿泊先のホテルでゆっくり朝食をいただき、北広島・恵庭・千歳の図書館へ行ってきました。
北広島・恵庭は以前にも訪れたことがありました。ここの大きな違いは、まずはアクセスでしょうか。
北広島は駅に直結と言っても良いほど。ホールの兼ねた複合施設です。北広島の駅も、ゆったりとした造りで、町のコミニュケーションの一躍を担っている感じです。ゆっくりと過ごしている方がたくさんいました。また、福祉施設のパン屋さんがお店を出していたり。このお店は図書館にも出店しているそうです。
石狩市民図書館にも物販コーナーがあり利用者がいましたが、良いですね。
恵庭の図書館は、住宅杭行きに近いところに建っています。

これまで行ったことのない千歳の図書館。
建っている場所は大きな千歳神社の近く、スポーツ施設のある一角でした。駅からタクシーで2メーター。

建設されてから20年以上経っているのですが、とても管理が行き届き、きれいでした。
広さは2800u。机とイスが窓際に配置され、広い通路、静かな空間を作っていました。
興味深かったのが、この図書館の運営は指定管理で行われていることです。千歳市は他の文化施設の運営も指定管理で行われていました。
指定管理料は年間で1億円ほど。開館時間は午後7時まで。休館日は毎月第3月曜日。他に蔵書点検機関があります。平成19年から指定管理で行われている運営だそうです。

斜里町にはもう、これまでずいぶんと活発に活動を継続している図書館があります。
図書館のなんぞやという議論は、これまでの活動を見ればよくわかります。中身的にはずいぶんとレベルの高い斜里の図書館です。あとは、その器。建物をなんとかしなくてはなりません。限られた財源ですが、その中でこれまでの活動がもっと活発に出来るよう、そして多くの人達が利用しやすい場にすることだけ。・・・立派で大きな都市間を見てきて、私たちの町の図書館活動を思うと、その活動はどこの都市間にもひけをとらないものだと思いました。

 CA3A1673.JPG
 良い環境の中にある図書館。知床博物館のような場所。

 CA3A1679.JPG
 エントランスはステンドグラスが圧巻

 CA3A1682.JPG
 落ち着いた内部は、音が気にならない配慮がありました
posted by あとむ at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 議員活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47670380
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック