2011年08月31日

視察・白老ゴミ処理その後

厚真町から白老まで移動。
以前は、稼働して間もない白老のゴミ処理施設を視察に行きました。自治体では初めての取り組みである高温高圧方式によるゴミ処理です。
斜里町でも同じ方式でゴミ処理を行うために、一番、その稼働については関心も高い施設視察です。

ただ、大きな違いがあるので、その違いは確認しておきます。
・白老は生ゴミも一般ゴミと同様に処理している。
*斜里町は生ゴミは別処理

・白老は生成物を普通の(とは言えないかも知れないけれど)ボイラーで再利用燃料としている
*斜里町は生成物占用のボイラーで再利用燃料とする

初めての施設ゆえに、いくつもの問題が生じているそうですが、開発した企業(クボタ環境サービス)の対応により、改修、改善を重ねて稼働を続けているそうです。話を伺い、一番のポイントは生成物を日本製紙のボイラーで燃やす場合の塩素能と含水率の問題をクリアすると言うことが大変なようです。そのために、処理して出てきた生成物に木質バークや雑紙、PETなどを混合することを行っています。
稼働開始後に出てきたさまざまな問題に対しても、その問題に対して改善策を講じて改良していくということは、起業にとってもプラスになることと捉え、また、町民もこうした取り組みに対して協力体制の意識を持ってきているという話を聞き、稼働後にふたたび視察に行けたことは良かったと思いました。
二度も行ってどうだろうか?と、思っていましたが、新しい取り組みに対し稼働直後、そして、それから2年という時間経過の中での問題対応に多する姿勢も知ることが出来てよかったと思いました。

年間305日・メンテナンスに2日間をかけ、稼働している白老の施設。

対応していただいた白老議会副議長が、決定して稼働に入った施設に対し、これからもさまざまな問題に対応していく姿勢と、それらの問題を今後のシステム発展の糧となるような対応を議会も町民もとっていくことにしている・・と話されていることに、パイオニアとしての立場の前向きさを感じました。
posted by あとむ at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 議員活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47653768
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック