2011年08月31日

視察・厚真町の取り組み

8月25日は、8時にホテルを出発。雨が降っていましたが、順調に高速道路を走り、厚真町へ着きました。

厚真町は平成19年の総務省の地域イントラネットの助成金を利用して町内の通信回線の整備を進めたそうです。それまでは、ADSLとISDNの環境だったそうですが、中心部と公共施設には光回線とLANを布設、他はADSLと無線設置で対応しているそうです。
その時の整備の一環として議会中継の環境も整備したそうです。
施設は、従来のシステムを利用して、事務局が中継中、カメラパンなどの操作を行うタイプです。
中継に併せて議場のレイアウトも変更されていました。設備費に700万円ほどとのことでしたが、それに伴う庁舎内の整備も含めると1000万円ほどの経費がかかっているとのこと。

システム管理業者に組み立ててもらうシステムですから、今後のメンテナンスについて少し質問させてもらいました。
現在は受信媒体を選ばない映像配信も行われています。これまでのシステムのように媒体ソフトの更新や、受信機種の制限何度がネックになってきます。今後のメンテナスなどの時にその対応をしていきたいとの事でした。
厚真町の議員の方に伺ったのですが最初は緊張もしていたけれど、慣れてきたら問題はなく、アクセス件数も増えてきているようなので良かったと思っているし、録画が見られるのでそれも良い効果だと思うと言う話を聞けました。

他には一般質問の一問一答方式を取り入れていること。この方法になってからもなんの問題もないし、分かり易い議論が展開できるようになったと、対応してくださった議長はおっしゃっていました。また、議会広報も大きく改革している最中で、議長は「編集長方式」とおっしゃっていましたが、コンセプトもレイアウトも新しい取り組みになっていると思いました。

具体的に改革の取り組みが見え、話も聞くことができたことは大変参考になりました。
出来ることからの議会改革の取り組みの積極性に感心しました。

お昼は厚真町の「こぶしの湯」で、お風呂には入らずに、昼食をいただきました。厚真町は米の他にイチゴやトマト栽培にも力を入れている地域です。この「こぶしの湯」で、地元で作られた「青いトマトのジャム」を購入。
ちょうど、清里町ほどの規模の町でした。

 CA3A1667.JPG
 厚真町議会の議場は段差ナシの議場です

 CA3A1668.JPG
 議会中継システム 結構、大がかりなシステムです

 CA3A1670.JPG
 厚真町の温泉施設・こぶしの湯
posted by あとむ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 議員活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47651704
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック