2011年08月21日

道内所管調査・・って?

8月24日から26日まで「総務文教常任委員会道内所管調査」があります。
今回は、(今回も?)白老町などの道南方面。石狩市で図書館(図書館運営)について
厚真町では町議会のネット中継
白老町ではゴミの高温高圧処理施設
千歳市では消防司令センターと防災学習施設
などの視察見学をしてきます。

これまでも、何度かこの道内所管調査に参加してきましたが、前回、前々回はたまたま札幌方面なのだと思っていたのですが、どうやら、いつも札幌方面なのかも知れない・・と。そのようなことを、町の方から言われました。
そう言えば・・議会の視察先ではなるべくその自治体にある宿泊施設を利用することに・・と言う話も他の議会の方から聞いていますが、前回も前々回も札幌以外に泊まったことはありません。

前回の調査では総務省の取り組み事業の情報がとても参考になり、斜里町内ではなかなか入手できない情報について(これは残念なことですが)話を聞くことができたりと。有意義で参考になることも多い調査ですから、これからも積極的に実施するべきとは思いますが、でも、2年前にも行ってきた 議員研修会での白老や、やはり規模的には大きな違いのある「市」の取り組みは、なかなか斜里町の規模では基本的に無理なことも多く、どうしても資料やインターネットで収集する情報に留まるような気がしています。「しょせん規模が違う・・」で終わってしまうことがあります。

今回のスケジュールでは、予定表をもらってから、後日どこかの視察が入るのかも知れないと思っていた日程が。開いたままになっています。26日、最終日の午前中は何も予定がありません。明日にでも連絡が入るのかも知れませんが、千歳市まで午後に行くまでの間は、昼食を札幌でとるだけ。「もったいない」
公費での所管調査。交通費、宿泊費をかけての時間、もっと有効にと思いました。

以前、私たち「まちづくりグループ」では下川町や浜中町へ視察に出かけてきましたが、かならず、そこの町村(移動はしても)に宿泊することを心がけました。そこから見えてくるものも多くあります。よその議会が来ていると受け入れた議会では接待をしなければならない・・と言う話も聞きますが、必要以上にそのような関係を作ることは断れるはずですから問題もないでしょう。

移動に2時間もかけ、また2時間かけて札幌に戻るのも・・もったいなく思い、翌日にはまた、千歳へ移動・・。

一委員の立場ですが、「どこか勉強したい地域は?」と言う話が出たときに、札幌ありきで考えていた所もあり、反省しています。

興味のある議会中継のネット配信を行っている厚真町も、なかなか通信環境のせいでしょうか、HPが重くて時間がかかりすぎ、日常気軽に録画を見ることも難しいようです。むかわ町議会やニセコ町役場のようにUstream(ユーストリーム)配信の方が今は便利なはずです。その辺についてはしっかりと聞いてこようと思っています。
26日、午前中に長沼町の取り組みを(施設だけでも)見てくるのは無理でしょうか・・融雪システムとか所管外?かも知れませんが興味があります。他にも今話題になっているファームレストランの取り組みも興味アリ・・でも、これも所管外かな?

今回の「もったいない」を「よかった」と思えるような調査にすること、そのために事前調査をしっかりすること、そして、「もったいない」を反省として次回は札幌にこだわらない、飛行機にこだわらない交通手段と方法を加味して考えてみよう・・と思いました。

所管調査の報告は後日、行います。

むかわ町議会から議会中継
そこから録画を見ることができます。もっと、細かなタイムラインが必要だとは思いますが、メディアプレイヤーなどは機動性が良くないような気がします。

posted by あとむ at 14:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 議員活動
この記事へのコメント
>議会の視察先ではなるべくその自治体にある宿泊施設を利用することに・・と言う話も他の議会の方から聞いていますが、前回も前々回も札幌以外に泊まったことはありません。

視察にお邪魔した場合は視察先の町で宿泊する、また、視察先の方々と交流などをするというのが「礼儀」と言うか普通は当たり前ですが・・・。
 出発前にススキノのスナックを予約していたという噂もありますが、本当だとしたら問題です。
Posted by てるてる at 2011年09月22日 00:27
てるてるさま コメントをありがとうございます。
確かに視察先に宿泊や、そこの地域の施設を利用するのは、工程が許せば、そうしたほうが良いと思います。

スナックを予約した?か、どうかは委員会としてはそのようなことはしていません。スナックへ委員会として行くこともありません。委員会のみんなで夕飯を一緒にいただくことはあります。
私は、議員が行う視察や調査に関しては必要なことだと思っています。とくに、地方にいると情報は以前よりも入手でき易くなりましたが、実際に現場の話を伺うことは必要なことだと思います。

視察後に、食事をしたり、お酒を飲みに行く事が問題だとは思いません。もちろん、それは自費ですし、それが目的ではありませから。
以前は、どこの議員さんたちも、しさつ先での豪遊ーを耳にしましたが、今はそのような事はありません。

てえうてるさんのご心配は、視察もせずにスナックへ行くことをしている?と思われたのかもしれませんが、そのようなことはありません。大丈夫です。

諸先輩の議員さんが、やってきた慣例の一部が今も同じように見られているのは困ったことだと思いますが、今まで情報も出さなかった、そして町の人たちも何をやっているのか無関心だったこともこうした見方を作ったのかもしれません。これからも、てるてるさんのように、あれ?と思ったことなど、おっしゃってくだされば変わって行くとおもいますので、よろしくお願いします。
Posted by さくらい at 2011年09月24日 22:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47472175
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック