2011年08月20日

知床硫黄山・新噴火口へ

今年は、斜里山岳会のみなさんが、声をあげてくれたおかげで、6年ぶりにカムイワッカから先の硫黄山登山道入り口まで林道を歩けるようになりました。そもそも、どうして今までこの間を歩けなかったのか?工事中であったり危険であったりという理由はありましたが、ココ3,4年を見ると、そうだろうか?と疑問もありました。
で、おかげさまで今年の6月25日から登山道への通行が可能になり、知床硫黄山への登山が出来るようになりました。(今までも行こうと思えば行けたとは言え、かなりきつい行程になっていました)

そこで、今日(8月20日)、環境省の主催による「硫黄山・新噴火口・魅力再発見」という散策会に参加してきました。定員15名とスタッフ3名。講師に博物館の合地学芸員。

大変楽しい企画でした。

林道に仮設小屋を設け、登山する人達を管理していました。
6年間使われていなかった登山道はすっかりヒグマの道路になっていたようで、たくさんの糞がありました。以前は登山道以外で見かけることはありましたが、道路に落ちていることはあまりなかったので驚きました。

自己責任と管理・安全対策という問題は、まだまだ整理されることなく、曖昧に流されている問題だと思います。
カムイワッカまでシャトルバスを利用しましたが、これから山へ向かう人達と、カムイワッカへ観光で訪れた人達、どちらも「たのしい知床」ではありますが、華奢なサンダルにタンクトップの出で立ちと、装備万全な登山者の姿を見たときに、自己責任と安全管理という問題の難しさを実感しました。

この登山道の利用は8月25日までだそうです。なぜ、8月25日なのか、詳しくは分かりませんが、これから9月にかけても登山には良い季節です。2ヶ月間という根拠はなんなのでしょう?林道を管理する立場の機関、利用する機関、いつも釈然としない気持ちになります。
今年5月に訪れた、四国の徳島・剣山山麓の国道を走ってきた限り・・オーバーハングした岩などもない、車がすれ違える巾もある知床のカムイワッカの林道のほうが遙かに立派だと思います。「管理」ってなんでしょう?ね。

新噴火口での楽しい企画。写真を見てください。

 CA3A1613.JPG
 入林ゲートです

 CA3A1616.JPG
 登山道入り口

 CA3A1619.JPG
 ヒグマの糞(ドングリとか松、ナナカマド?)

 CA3A1623.JPG
 採掘跡地

 CA3A1630.JPG
 新噴火口

 CA3A1635.JPG
 噴出口の温度計測・97度!
 
 CA3A1639.JPG
 海もきれいに見えました。
posted by あとむ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47463352
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック