2011年04月17日

だったらやっぱり3分間も

*当たり前ですが、私がいつもこのブログで書いていることと同じです。3分間です。あ・・・コーディネイターの先生から4年間の成果は?の質問がありましたので終わりの方に付け加えました。

順番の最後になりました。桜井あけみです。どうぞよろしくお願いします。

他の候補のみなさんのおっしゃった、取り組むべき課題については、私も同じです。あらためて町には課題がたくさんあると感じました。
わたしは、こうした課題を、どうしたら早く実現できるのか、具体的に取り組むことができるのか、それを、議会として進めて行くことが、大きな課題であると思います。

だれもが、福祉や教育問題、町の産業発展、経済安定、雇用拡大、そして医療という課題に取り組まなければならないと考えています。
しかし、それらの問題を考えるだけでなく、しっかり実施していくためにどうすべきなのか?そこが、今、求められているのだと思います。
これまでのように、議会議員が名誉職と言われたり、何をやっているのかが分からないと言われる状態では、まちづくりの一役を担うことはできません。いままで以上に議会の役割をはたすことが大切です。
いま、みなさんから出された課題、そして、町のリーダーである町長が進める、政策、事業が本当に町のためになるものなのか、必要なのかを、チェックし、検証し、良いものであるならばそれが早く、確実に実行できるように議論を交わし、良くないものであるならば、さらに検証を求め判断をしていく。とかく言われる、しがらみや立場と言うものを優先するのではなく、言いなりになるのでもなく、反対ばかりするのではない、議会として町のみんなの利益になるだろうか、町のためになるだろうかを判断する。その姿勢を今以上に議会に求めていきたいと思っています。

そのために、議会をもっとオープンにすること、議会としての活動報告を行うこと、さらには、政策や事業の検証を行うために、活発な議論ができる議会であることが必要です。
議会改革の必要性を最近はよく耳にします。同じようにその必要性を訴えられていらっしゃる方々と共に
議会は、住民の意思を反映していく場であることを一番に考え、町長、行政と議会の関係を捉え、議員一人ひとりが今以上に、しっかりとした働きのできる環境を、作っていくべきと思います。それが、これからのまちづくりには大きな力になるはずです。4年間でやってきたことは議会の内容をみなさんに伝えてきたこと、そして、予防医療に対しいくつかの提言などを行ってきたことなどです。
これからも、私は一生懸命に働いていきます。
どうぞみなさんのご協力をよろしくお願いします。
聞いていただき、どうも ありがとうございました。

*カップヌードルを作る間に読んでみてください。ちなみに・・3分の文字数は950文字くらい。
*なぜ、原稿を用意するのか?については、フリーディスカッションでは原稿はいりませんが、時間が決められての進行の場合は、時間オーバーをすると、迷惑がかかりますし、あらかじめお題が出されているのですから、聞いていただく人に分かり易くするためにも原稿は必要かと。私は思います。
posted by あとむ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 議員活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44401094
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック