2011年04月16日

企業の公共性・役割って

今回の震災の様々な情報を、私はテレビやラジオ、新聞から得るよりもツイッターやフェイスブックから得る情報量の方がはるかに多くなりました。デマや未確認な情報の弊害が多く言われがちですが、このソーシャルネットワークをのぞいていると、故意にデマやデタラメを流そうとする人は本当に少ないし、また、自分の流した情報にミスがあった場合には、自ら訂正し、その訂正を他の人が広めてくれることも分かりました。そして、もしも意図的にデタラメ情報を流しても、多くの場合は指摘され、その情報は淘汰されます。
まるっきり、肯定はしませんが、ツールとしては役に立ちます。そして、学べます。

そんなツイッターの中に、気になる人がいます。ソフトバンクの孫正義社長です。先日は、インターネット中継での発言や姿勢が北海道新聞でも取り上げられていました。被災地での対応や取り組みの迅速性、さらには対応を見ていますと、社会的影響の大きな企業というものの有り様を考えさせられました。通信事業はもはや、必要不可欠なものです。

今回の原子力発電所の事故を起こした東京電力も、一企業としての利益事業という範疇に納まるものではないと言うことが良くわかります。北海道電力も同じですね。
電気はどんな場所にも、人が住む場所であるならば布設されます。

ソフトバンクの企業姿勢を見ていると、ソフトバンクのものを使いたいと思うのです。「単純だな〜」と言われるかも知れませんが、そう思うのです。なぜか・・それは、信頼だと思います。この、会社は裏切らないかも知れない。通信の大切さをしかりと捉えていて、使う私たちを裏切らない。そう思えてくるのです。(もしかしたらウラがあるかも知れないと言う人もいますし、そうかもしれない・・とも思いますが)でも、助かっている人もいるのです。

さて、テレビコマーシャルでは「フレッツ光」や「光でテレビ」と言う言葉で今や光の普及は当たり前・・と言われる状況。そんな状況は都会の話で、採算の取れない田舎は「そんな設備投資はできません」という方針。
地域でとっても採算の取れている地域と、田舎の地域の採算性だけを比較され事業展開されては困ると思いませんか?必要なインフラ整備は国も地方に対し手をさしのべる・・そして、企業も採算だけを主張せずに、公共的な立場での事業展開が必要になるはず。
そのバランスが、とても大切なはず。
「民間だから仕方ないさ・・」で済まない役割ってあるのではないかと・・小さな地方自治体の立場の弱さを感じた・・今日でした。

明日は町長候補の討論会と議員候補の討論会(議員は討論会ではないけど・・)が午後1時から。
私はくじで一番を引きました・・。ですから、はじめの紹介と立候補の理由を一番に話します。2分間。
それから、16命中の最後に、取り組まなければならない課題について話をします。3分間・・少しの時間ですが、聞いてくださいね。
私は、他の候補の方の話を聞けるのが楽しみです。
緊張しないように・・がんばろう。
posted by あとむ at 23:43| Comment(1) | TrackBack(0) | ・・思うのですが・・
この記事へのコメント
自分のブログにコメント入れるのもおかしいですが・・でも、つけ加えるならば・・ソフトバンクを使いたいとは言っても、実際、このあたりはソフトバンクは利用しやすいとは言えず、携帯が使えないところが多いのです。
でも、企業の姿勢ってやっぱり大切。
その働きが、社会を変える。それは事実。良くも悪くも影響力は大きいってこと。それを言いたかったんです。
Posted by さくらい at 2011年04月17日 09:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44388544
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック