2011年03月30日

新人候補さん

今朝、掃除機をかけていたら(我が家の掃除機はとても大きな音のダイソン)来客がありました。掃除に夢中で全く気づかずに、おそらく何度もベルを鳴らしたのでしょう。失礼しました。(この掃除機、性能は良いのですが音がうるさい・・)
来てくださったのは、新しく立候補する人。

初めて会いました。短い時間でしたが、少し話をすることができました。
彼は、立候補したかったのだと言い、議員活動に興味があったそうです。こんなに年若く、立候補を決めると言うこと、これからの斜里町にとっては希望の存在です。議会で活動できる環境がある中で、「やるなら 今だと思ったんです。・・」と話してくれました。
選挙に詳しい経験豊富な方々にいろいろとご指導をしてもらいながら活動をしているようです。

これから先、充分時間はあるのですから、一生懸命に学んで、慣れずに議会という場を捉えながら活動して欲しいと思います。


って、言いながら余裕を持っているように見えるでしょうが・・

なかなか準備ができずに、今日も後援会長と役員でいろいろ準備作業。
流されず、慣例を越えて、どうやったら、どうしたら、みんなの耳に、思いに自分の方向性を届けることができるのか・・その方法を考えていました。議会の有り様を発信して、それを受け止めてもらえたら、あとはみんなが自分で考えること。それぞれの価値観を無視するつもりはないのですから、とにかく始まりは耳を傾けてもらえるようにすること。そこが始まり。
posted by あとむ at 00:09 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44039415
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック