2011年03月18日

議員会 送別会 義援金

「議員会で義援金についての協議を行い、その後、送別会兼懇親会」ということになり(事の顛末は議員会会長の強い希望だったらしいけれど)17日・午後6時から始まりました。義援金を議員会として出すこと。
もしかしたら、町として義援金?支援金?を出すことになったら、臨時議会開催かも知れないと。網走市、大空町などいくつかも自治体が補正予算で行っています。斜里町はどうするのかな。
今回は斜里町議会事務局では局長と係長が退職されます。私としては、大変哀しく残念ですが、それぞれ思うことあっての退職です。お世話になりました。
2時間ほどの歓談のあと、お開きと思いきや・・何人かは2次会へ。

実は、町の人(だろう)方から電話がありました。前回の送別会後、2次会へ行ったことを「何やってんだ〜こんな時に」と。お名前はおっしゃられませんでしたが、斜里町内の方。もう一名も斜里町内の方で、厳しい自粛は良くないけれど、あまり大声で酔っぱらうのは如何なものかと。みなさん、見ている!と驚くと同時に、どうして直接、本人に言わないのだろうか?と思いました。(親しくなければ言わないか・・。怖いモンね。)

さて、明日、チラシとホームページにも掲載されると思いますが、被災地への支援物資を受け付け始めます。
町長も早速、「町長日誌」に書いていました。詳しくは明日(18日)。

今日は議員会の副会長、監査もしている、寺門議員がこう話されました。「自分が議会に入ったときに阪神大震災があった。そして議会を去ろうとしている今、この震災があった」と。議会中は色々なことを教えていただきました。お世話になりました。

さて、今夜は帰宅時には道路が吹きだまりとツルツル路面でした。被災地のお天気が気になります。
みんなで祈りましょう。そして、できることに取り組みましょう。
posted by あとむ at 00:22| Comment(2) | TrackBack(0) | まちづくり
この記事へのコメント
斜里役場では義捐金に領収書を発行可能らしいですが、ウトロ支所では募金箱対応なのか領収書発行不可のようですね。
寄付金控除をあてにしているわけじゃないですが、税金を浮かせるならその分多く寄付をする気になれますよね?
赤十字や赤い羽根、各県災害対策本部なら郵便局から払い込めば手数料は無料で、払い込みの証明も半券で可能です。
でもせっかく職員が常駐しているウトロ支所なのですからできる範囲で対応したほうが良いのではと思いました。
住民も町も町職員もできる範囲の協力ができたらいいですよね。
Posted by xyz at 2011年03月18日 18:02
xyzさま
コメントありがとうございます。できる範囲でがんばる気持ちが一番だと思います。その中のひとつが、今回の義援金(義捐金)ですね。領収書の件ですが、確認してみました。斜里町役場でも現在発行しているのは受領書だそうです。その受領書をお渡しして、その後、今回のとりまとめをしている機関から後日、発行されることになっているそうです。この、機関から発行されたものが、控除等に必要な領収書になるそうです。
ウトロ支所にはこの受領書用紙がまだ、届いておらず、対応できなかったのだと思います。受領書がウトロ支所に届くのは20日頃とのことです。
斜里町役場の広報を今、見ましたが、現金の場合には「領収書を発行します」と書かれていますが、これは正確ではないかも知れません。
今回の様々な対応で思ったことは、情報は、一層丁寧な発信が必要なのではないか・・と思いました。
こうした対応がもっと良くなるためには、やはり声に出すことは必要だと思います。ありがとうございました。
Posted by さくらい at 2011年03月18日 22:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43890683
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック