2011年01月27日

雪かきしながら考える

一昨日から、いや?ここんとこ毎日のように雪が降り積もるウトロです。一昨日夜から、今日現在までフワフワの雪がずっと降り積もっています。一日、何度か雪かきをしていますが、なかなか大変です。
とは言っても、回りには空き地があるので、助かります。
街中のように、たかく積み上げた雪が道路脇にある状態にはなりません。斜里町の除雪は委託業者さんがやってくれます。ウトロは斜里建設。でも、これまでのようにみんなは「かつらだ」と言っています。

たくさんの家があると、雪かきも大変です。
まず、それぞれの家の立地条件。道路に面している空間が広い家。間口は狭く奥行きのある家。屋根からの落雪、入り口の場所、きっと条件がいろいろ。除雪では自分の敷地内の雪を道路に出してはいけないことになってはいても、なかなかそれを守っている人は少なく、中には隣の敷地に捨てる人もいるらしく、わだかまりも生じています。
また、地域によってもずいぶんと条件が違うものだと思います。

ウトロは漁師さん、ホテル、が多く、小型から中型の「重機」と呼ぶ、タイヤショベルがとても多いところだと思います。そして、たくさんの人がその「免許」を持っているので、雪が降ったときはウトロ中からタイヤショベルの音が聞こえます。

ここに暮らして20年以上がたちました。
最初は雪かきが慣れていないので、後のことも考えずに、とりあえずの雪かきをしてきました。最初は良くても、3月にはどうにもできずに泣きました。今は、歩くところ、車を止めるところ、車庫の前の雪を3月までどうやって敷地内に堆積できるのか?を考えての除雪作業です。今はこの場所に積み上げられても、次に降ったら無理だから・・少し奥に排雪しよう・・とか。

そうやって、息を切らしての雪かきをしていると、町の計画も同じ事なんだ・・と思います。先のことを考えて計画を立てるのは当たりまえ。でも、先と言っても5年くらいの先ですが、先を見て事業を展開しなくてはなりません。

明日は臨時議会です。2つの交付金事業「きめ細かな交付金事業」と「住民生活に光をそそぐ交付金事業」の補正予算を審議します。
「きめ細かな〜」には国から約6700万円、町から4000万円で総額1億円の予算で、ゆめホールの設備整備、公共施設の修理、道路の補修などに充てられます。
「光をそそぐ〜」は国から1000万円、町から1000万円の2000万円のほとんどが、博物館の整備などに使われます。それから斜里中学校の体育館改修費に約4億8000万。
人口13000人弱の町ですが、たくさんのお金が動きます。

どのような事業に、何を目的としてこっれらのお金が使われるのか、明日の臨時議会は一日だけですが、しっかりと説明を聞き審議してきたいと思っています。

それにしても・・交付金のネーミング。最近は「?」と言う名前の交付金が続きます。誰が、つけているのでしょう?

少し雪が小降りになりました。もう一度、雪をかいてこようかな。それにしても、積もったこと!
posted by あとむ at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42987363
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック