2009年03月07日

議会って・・複雑?

3月の議会が始まり、4日、5日と二日間が終わりました。

6日は一般質問の通告締め切り日。
私は3項目について質問します。

で・・・も・・質問通告(これは、こんなことを質問しますよ、と理事者側つまり行政に行政に通告すること)の文言を間違えていました。
質問時に訂正とお詫びを入れなければなりません。最初の質問は、こうしてこちらで作った原稿を渡し、一般質問当日に「こんな回答をします」と、朝、議場の机の上に置かれているのです。
2年前は、このシステムが少し不満でした。
だって、6日に通告してからは、担当の職員が一生懸命「答弁」を考えるのです。
このようなやり取りを、以前、どこかの誰かが、茶番劇?と比喩しました。北海道議会のことだったと思います。でも、北海道議会は再質問まで原稿をお互いに作成し合うそうで・・こう言われても、仕方ないかも、とは思いました。

我が町の場合・・このシステムも、はやり必要なのかも知れないと思っています。

 パッチワーク展
ウトロの日々・思うことも、紹介しています母のパッチワークを知床グランドホテルのギャラリーで展示しました。真ん中のキルトが新作です。良かったら、一度ご覧下さいね。


9日は一般質問・私は「図書館の整備計画」と「学校給食の公費負担」と「雇用促進住宅」の3点を質問します。
行政の方々は、質問を嫌がります。きっと、答弁を作るのがイヤなのだと思います。どうしてイヤなのか考えてみましたが・・きっと、本音と実際、書かなければならないことが、会わなくてイヤなのかな・・。と思うのです。苦しいのだと思うな。
先輩議員は「やりたくなから逃げるばかりの答弁」とか「先送りで自分は関わりたくないから」と言いますが、担当職員は、きっとそうではないと思います。(多分)
お金だってないし・・ない状態で工夫すればとも思うけど、その辺の努力をできないのではなく「しない」のは、意識の問題?
町長は「職員の意識改革」って言うけれど・・どうしたら「意識改革」ができるかっていうと・・「やりがい」とか「いきがい」とか「職場が楽しくないから」。
で、なんでそうなるのかって言うと・・・う〜〜〜ん、やっぱりリーダーかな?

なんて考えてみても仕方ない。
今回は雇用促進住宅のこれからの問題をなんとかして欲しいので、そこをがんばりますが・・3回も同じ質問をしなければならないのは、情けない気がします。
応えてくれるかな〜質問に。

さて、明日は地域の行事で「雪と楽しむ会」があります。お天気が良いと良いのですが。
楽しみです!
posted by あとむ at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 議員活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27432983
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック