2013年05月09日

こんなお天気初めてです!

4月26日に予定されていた知床横断道路の開通延期。
その前日の25日が私の記憶では、外へ出て雪の溶けた花畑の中の枝拾いをしていた日。
写真だって写していたはず。

クロッカス2.JPG
クロッカスだって水仙だって咲いていました。今は雪の中・・

でも、26日から今日に至るまで5日だけは青空が広がったけれど、あっという間に消えて、ずっと雪、雨、霙が続きました。
ウトロ高原に設置されているアメダスデータによると、今日の午後1時での積雪は48cmです。
昨日は除雪車も出動しました。

気候の変化は昨年も感じていました。ウトロの年間降水量が例年でしたら1000mm前後ですが、昨年は1800mmと、これまでにない量でした。大雨による災害も多く、何度も補正予算が組まれていました。
そして、4月の暴風です。最大瞬間風速41,6mは何度も全国ニュースで流されました。最大瞬間風速もすごかったですが、強い風が吹いていた時間の長かったこと。

こんなお天気は初めてです。農家の作業は大きく遅れています。

景気が回復傾向?
消費も上向き?
このお天気を見て、斜里町の産業を考えたとき、わたしは今現在の日本各地の温度と知床の温度の違いと同じように、これからの経済にも大きな格差が生じるのではないかと思います。

とは言っても、お天気のこと。私たち人知の及ぶ範囲ではないことも承知していますが・・様々なつながりが地域の経済にすぐ影響を及ぼすはず。
何とも、私には不安な5月となりました。
posted by あとむ at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり