2012年11月21日

ウトロの通信環境と光

これまでにも何度か、ウトロ地域の通信環境についての整備、斜里町全体の通信環境の整備について「なんとかしなければ」と動いてきましたが、ウトロ地域は12月から順次、フレッツ光の実施が始まります。
現在、随所でケーブル布設の工事が行われています。
ここに至るまでに、ウトロ地域のみんなとずいぶん苦労してがんばってきました。

でも、斜里町内ではウトロも含めてまだまだ通信環境が整備されない地域がたくさんあります。町のお金を使い、例えば議会中継や録画配信をしても、あるいは町のホームページに新しい情報を掲載しても、あるいは「詳しくはホームページをご覧ください」というテレビ、新聞、雑誌などが発信する情報を紹介されても、そこにアクセスすることができない状態の人たちがいらっしゃるのが現状です。
電気や水道と同じように整備されて行かなくてはならないものです。

斜里町ではフレッツ光(NTT)以外にもau光の供用も一部で始まるそうです。

インターネットが情報の全てではない、使えない人もいる、だからそのためのインフラ整備に行政が関わるのはおかしい、と言う発想があります。驚くことに、そうした発想の方が実際、斜里町にも大勢いらっしゃいます。「公平、不公平」というとらえ方を狭義的に誤解した解釈です。
以前、他の自治体が率先して手を上げた交付金事業がありました。
斜里町は手を上げたくても、あげられなかったと言うことですが、おそらく、手を上げられなかったのはトップの方たちの考え方だったのだと思います。
道路や水道、電気と同じようにこれからも生活の中で必要とされていくインフラであることは間違いありません。
そのための課題解決、今の環境よりももっと良くなるための方法をもう少し知恵を出して、真剣に考えて行かなくてはなりません。

それにしても、ウトロ地域の光回線。長い道のりでしたね。
posted by あとむ at 06:00| Comment(2) | TrackBack(0) | まちづくり