2012年05月19日

町の憲法・自治基本条例

ブログではお久しぶりです。
最近は、顔を合わせる人から「桜井、つぶやきばかりじゃないか〜」と言われて「ごもっともです!」をくり返していました。
確かに、ブログの更新には少し構える時間が必要で、パソコンに向かい合っての環境が必要になります。
その点、ツイッターやフェイスブックは、ちょっとした時間に140文字や近況報告、つぶやきの範囲で対応できるのでついつい。

で、これからしばらくはツイッターでのつぶやきは、画面左横のリンク集「桜井のツイッター」をクリックしてご覧ください。こちらのほうが、リツイートした内容なども見ることができますので情報は豊富です。よろしくお願いします。

反省と今日のお天気、そして今日やらなければならない作業が、ほとんどパソコンに向かい合っての書類作成なので久々にブログ更新です。

さて、昨日、仮称・議会基本条例特別委員会(なぜか、仮称がつく特別委員会です)の委員と「まちづくり基本条例をつくる会」の会長、副会長との懇談会がありました。
つくる会のまとめた提言書が町に提出されました。その、前段ではゆめホールでその内容につて住民説明会が開催されました。以前にもツイッターで紹介した「おでんジャー」も登場して策定に関わった委員のみなさんの真剣で、的を得た取り組みが紹介されました。
2009年12月に「基本条例」についての講演を聞いてから長い時間が経ちました。
本当に大変な作業だったんだと改めて実感しました。

私たちがウトロ地域でまちづくりに関わって活動していこうと「しれとこウトロフォーラム21」を立ち上げてから、ここに至るまで長い時間がかかりました。あのころ、こうした自治基本条例があったら・・と、何度も悔しい思いをしてきたことがありました。時には行政から抵抗勢力と言われながら、やってきた活動は今も続いています。
決して「抵抗勢力」ではないのです。私たちの町がこれからどの方向へ行こうとしているのか、その方向は良いの?
本当に次の世代に受け継いでいけること?そのために私たちはその方向性を理解しなければ。
その上で、なにを行うべきなの?どうしなければならないのか?そんなことを問い続け、行動してきたなかで、その過程を大切にしてきました。

これから、この提言を受けて町がどうやって町の憲法として作り上げていくのか、そして議会はどうすべきなのでしょう。
議会活動と議員活動は違います。
議会がどうあるべきなのか、それは、これまでつくる会のみなさんが経てきたプロセスを、今度は「議員」「議会」として私たちが辿るべきなのでは内でしょうか。
たった14名の議員ですが、こうした条例策定に対しこれまで(過去5年間ですが)全員で議論をしたこともありません。せいぜい、個々の議会改革と言われる事象に対し委員会サイドで話をしてきただけ。「これ以上、負担を増やしては誰も議員をやらなくなるだろう」等という意見もあります。現状、なにをやって、どう動いていての負担なのか、私は首をかしげます。

住民も、議会も、行政も変わるとき。その大きなきっかけが、今回の「町の憲法・自治基本条例の提言書」だと私は思っています。
とかく言われる「議会はなにもしていない」という、無責任な言葉で片付けられてきたなか、その議会を構成する議員は選ばれた人たちで、その選んだ人たちは私たち住民です。そのへんの明確さをしっかり文章に知らしめて、町民顕彰に唱われているような日常の生活を送るために、私は「斜里町自治基本条例」の制定を楽しみにしています。
posted by あとむ at 11:02| Comment(3) | TrackBack(0) | まちづくり