2011年09月09日

2011年9月一般質問・1

9月の議会は14日・15日・16日の3日間で開かれる予定です。
今日、9日の午後3時から議会運営常任委員会が開かれて(もう終わっているかな)、決定されると思います。
それから、新聞折り込みのチラシで「議会傍聴へのお誘い」と一般質問の最初の一項目だけのお知らせがみなさんへ届けられると思います。

この、一項目だけ・・・と言うのも。今後は改善しなくてはいけないと思います。
前回の議会の時には、町の方から「他にどのような質問をするの分からないね〜」と言われました。最近は議会のHPには掲載されることもあるのでそちらでは分かるのですが、たしかにその通り。
「見える議会」には「遠いんじゃない」と言われるのも分かります。
きっと、紙面上の関係だとは思うのですが、検討が必要なことだと思います。

さて、私の一般質問は3項目です。

一つめは、「核にたよらないまちづくりの視点と非核平和宣言」
二つめは、「時間延長保育を実施すべき」
三つめは、「命のバトンの実施を早急におこなって下さい」
です。

核にたよらないまちづくり・・は、確かに、私たちの町には直接関係のないと言う風におっしゃる方もいらっしゃいますし、また、これまでこうした核燃料に依存する国の方針に反対と声高に言ってこなかった自分たちにも責任があるのだから・・とおっしゃる方もいらっしゃいます。確かに、それは、そうなのです。
でも、自然災害は私たちの手で防ぐことに限界があります。ある程度の備えは必要ですが、予期しない災害は天災という言葉にあるように防ぐには限度があります。
しかし、以前にも書いてきましたが、核燃料発電は、その設置を人が行うものです。
確かに、国の方針に従ってここまで来た、抗えなかったと言う思いはありますが、今回の震災に伴う大きな事故で、私たちはその安全性や、その管理において、人の手でなんとかなる範囲を超えたものであることを学びました。

地方自治体は国の方針に従うしかない・・のでしょうか。様々な行政システムは、そうしなければならないことも多いでしょうが、こと、人々の安全、安心についての方針や大きな方向性は、その地域、自治体で考えていかなければならないことだと思います。

今回、斜里町は「非核平和宣言」を制定します。
調べてみますと、多くの自治体は昭和60年あたりに制定しているところが多く、制定20周年や30周年という自治体も多く、また、市町村合併の関係で新たに制定されたところも多いなか、今回のこの時期の制定に、私は考えました。
非核三原則の中の、核を使わないと言う点では、現状の核燃料に依存しようとしている方針には疑問を持ちます。

それ以上に、斜里町は世界自然遺産の町であり、さらには知床100u運動のように国にたよらずに自分たちの知恵と努力でこの貴重な自然環境を保全してきた歴史があります。この斜里町が、今回の事故を通してとるべき方向は明確だと思うのです。

その、核にたよらないまちづくりを、町長はどう思っているのでしょう。そして、今回の制定において非核三原則の整理をするときにどのような協議がされたのでしょう。
それを、質問しようと思いました。

ここに住む私たち一人ひとりの思いが、発信できる場は少なく、この自然豊かな町に住む私たちの方針を、方向性を発信できるのは町長だと思います。

一つ目の質問に対しての話が、長くなってしまいました。
他の2点については、また、ページをあらためます。


posted by あとむ at 16:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 議員活動