2011年06月17日

お〜来週は6月議会だ

ブログの更新がなかなかできなかった。
その分、というかツイッターでのつぶやきがやっと・・で、ありました。

6月22日から6月定例議会が始まります。(24日まで)

5月9日の臨時議会(選挙後の初議会)に関連した「議会レポートNO.18」をホームページにアップしました。今回からPDFファイルでの表示にしました。その方が、印刷紙面と同じレイアウトになりますから、良いのではないかと。
ぜひ、ご覧下さい。

環境自治体会議については、今回の福島原子力発電所事故に関わる影響から、自然再生エネルギー関連の関心が高く、最終日の「新居浜宣言」にもこれからの原子力発電に関わるエネルギー施策について触れられていました。
愛媛県、新居浜という場所は「別子銅山」の町でした。
偶然、北海道からは3自治体が環境自治体として登録しているのだそうで、そこの職員の方と分科会が一緒になり、色々と話を聞くことができました。ニセコ町というと、私にとってはツイッターでお馴染みで、良い意味で先進のシステムを町の施策に取り組んでいるバランスの良い町というイメージがあります。「環境エネルギー係」という部署名の名詞をいただきました。
交流会ではニセコ町の副町長の北澤さんとお会いしましたが、若い!でもって、よく動いていましたね。北澤副町長は「総務省の官僚職員」とか言う見出しで報道されていましたが、官僚?と言うイメージとは離れた人に見えました。

 CA3A1293.JPG
 別子銅山の跡・日本のマチュピチュと言うこと

さて、斜里町の副町長はまだ決定しては居ません。先日、会派の説明会で馬場町長から「外部登用、庁舎内登用、副町長を置かない」という選択もあるけれど、やはり日常業務の中では副町長は必要なので、もう暫く時間をかけて決めていきたい・・と言う話がありました。
9月まではならなくても、今議会では人事の提案はないようです。
ツイッターでも何度か書き込みがありましたが、町長からのメッセージがないね・・と言う声。
それどころではないほど、忙しいのでしょうが、やはり町民に対してのメッセージは必要ですね。

そんなこんなで、6月は私の一年で一番忙しい月です。これは、小さな時からで、なんたって「新緑と花の季節」そして「運動会」そして自分の誕生日・・弟も誕生日・・蝉も羽化する・・アリも巣作り・・蝶もヒラヒラで、とにかく学校へ行くのも、もどかしいような気持ちで過ごす6月でした。最近は、6月と言えば「ウトロの花いっぱい」イベント・・草取り、畑の蒔き付け・・バラの手入れ・・大漁祈願祭・・議会準備・・委員会・・委員会・・一般質問・・帰化植物駆除・・イベント・・と。誕生日?誕生日が定例議会の始まる日です(涙)

お天気が気になる季節ですが、今月10日と11日の局地的豪雨の災害。斜里町内では町道の冠水、土砂流失などがありました。専決処分として約1000万円の補正があります。近年はこのような局地的な気候変動が多く、今後の危険箇所なども把握して行かなくてはなりません。エゾシカの影響もあるのでしょうが、表土の保水力が著しく低下していると思います。そのために、降った雨がすぐに流失してしまう・・そして、最近の気象変化。

今回の一般質問は、私にしては初めての5項目。町長が変わった事による大きな政策予算はないとは言っても、やはり一定のまちづくりの方向性を確認したいことが多く、事前にいただいた「町政執行方針」と「教育執行方針」を読んで、いくつかの質問を。その他は、はやり暮らしに繋がる事項を質問します。

 CA3A1257001.JPG
 第3分科会会場の別子記念図書館のホール・とても立派な建物


posted by あとむ at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 議員活動