2011年04月13日

ウトロに光回線を誘致する

これまでも何度か、斜里町の通信インフラ整備についてこのブログで、あるいは議会でも町の対応について発信してきました。
2009年7月12日・にはコメントもいただきました。そして2009年11月1日の斜里町の通信環境で、この通信環境を斜里町内で充実させる取り組みの交付金事業に町が手を挙げられなかった、と言う事を書きました。
今となっては、後の祭りですから・・悔しい思いしかないのですが、でも、私はこの結果に納得はできませんでした。

今日、この光回線をウトロに普及させるための「フレッツ光ウトロ誘致の会」を立ち上げ、地域での加入促進をはかるための活動をはじめることになりました。

近隣町村では、町内全戸で光回線の整備が行われています。みな、交付金事業に参画して実現してきた町です。清里町長は町村会の広報誌でライフラインの重要なアイテムとして光回線の普及を実施しました。地方にいて必要な情報ばかりでなく、こちらからも発信していくために、さらにはセイフティーネットの構築も視野に入れての活用を明言していました。

斜里町がこの事業になぜ、取り組まなかったのか・・
今となっては、どうにもなりませんが、通信環境の整備についての計画を質問したところ、NTTにお願いしていく・・と言う回答しか得られませんでした。NTTはたしかに公的な企業ではありませんが、電気事業と同様に、社会的な環境整備の役割を担うところだと思います。小さな地域で採算性だけを追求されるのも納得ができません。

今回、実際の設置までには時間がかかりそうですが、やっと光は入ることになりそうです。

でも、斜里町全域ではないのです。越川も、三井も、他の地域もいまだに通信環境は整備されていません。こんなんで良いのだろうか?
観光にも産業にも、もはやなくてはならないインフラです。
町全体のこれからの計画、政策、そしてNTTの地方に対する対応に関して見えてこない取り組み。
なにやってんだろう・・・。
posted by あとむ at 22:32| Comment(5) | TrackBack(0) | まちづくり