2011年03月18日

議員会 送別会 義援金

「議員会で義援金についての協議を行い、その後、送別会兼懇親会」ということになり(事の顛末は議員会会長の強い希望だったらしいけれど)17日・午後6時から始まりました。義援金を議員会として出すこと。
もしかしたら、町として義援金?支援金?を出すことになったら、臨時議会開催かも知れないと。網走市、大空町などいくつかも自治体が補正予算で行っています。斜里町はどうするのかな。
今回は斜里町議会事務局では局長と係長が退職されます。私としては、大変哀しく残念ですが、それぞれ思うことあっての退職です。お世話になりました。
2時間ほどの歓談のあと、お開きと思いきや・・何人かは2次会へ。

実は、町の人(だろう)方から電話がありました。前回の送別会後、2次会へ行ったことを「何やってんだ〜こんな時に」と。お名前はおっしゃられませんでしたが、斜里町内の方。もう一名も斜里町内の方で、厳しい自粛は良くないけれど、あまり大声で酔っぱらうのは如何なものかと。みなさん、見ている!と驚くと同時に、どうして直接、本人に言わないのだろうか?と思いました。(親しくなければ言わないか・・。怖いモンね。)

さて、明日、チラシとホームページにも掲載されると思いますが、被災地への支援物資を受け付け始めます。
町長も早速、「町長日誌」に書いていました。詳しくは明日(18日)。

今日は議員会の副会長、監査もしている、寺門議員がこう話されました。「自分が議会に入ったときに阪神大震災があった。そして議会を去ろうとしている今、この震災があった」と。議会中は色々なことを教えていただきました。お世話になりました。

さて、今夜は帰宅時には道路が吹きだまりとツルツル路面でした。被災地のお天気が気になります。
みんなで祈りましょう。そして、できることに取り組みましょう。
posted by あとむ at 00:22| Comment(2) | TrackBack(0) | まちづくり