2011年03月14日

議会最終日なんとも残念で

今日、14日、斜里町議会が終わりました。
今回の大地震に対し、被災されたから亡くなられた方に対し哀悼の意を表した議長の挨拶から始まり、町長が今回の地震の斜里町内の対応などについて報告を行いました。その後、来年度の予算に対しての質疑後、全体をまとめる総括質疑がありました。

昨日(13日)も書きましたが、斜里に住んでいる誰もが、今回の大地震の被害に対して「できることはなんんだろう?」「今、なにができるだろう」と言う気持ちだと思います。
昨夜(13日)に、議会議長(K議員)から連絡があり、斜里町でできることとして「支援対策本部」を設置してはどうかと、町長に言ってみようと思う。義援金にしろ、何かを送ってあげたいという人に対しても、あるいは応援に駆けつけたいという町民に対し、例えば、個人的な範囲での物資は送らない方がいいことや、集まった義援金をまとめることとか、さらには医療の提供、昔のような「疎開」の受け入れなど、斜里町内でできることを、分散して実施するのではなく、一度、情報やお金、対応を集めて発信する取り組みを行ってはどうか・・と言う事でした。
朝になって副議長のA議員も同じ意見でした。

私は大賛成し、それができたらどれほど良いだろう、と思いました。

しかし、結果は「朝、政策会議を開き今後に向けて速やかな対応を整えることを職員に言った」そうです。
結局、今現在も義援金の受け入れなど窓口はあるが、今の時点で誰も何も言ってこない・・など、特に斜里町として積極的に動くことはないようです。期待したのがバカだったかも知れないけれど。残念。
やらないこと、できないことをいくつもの理由をつけて来るのだろうけれど。結局はトップの動きだと思うけれど。

と言う訳で、昨夜、もしかしたら!と言う思いでツイートしましたが、ダメでした。残念。

網走や他の地域では補正予算を組んで復興支援寄付を出したり、町が「できること」の発信を実施しているのに。
「なんか誰かが言ってくるまで、待つかな」というのが斜里町の政策会議の結果なのだろうか。

村田町長に「町長日誌」にどうして更新していないのか、聞いてみました。
あのHPは、町長の個人開設のページではありません。斜里町の公式ホームページです。その公式ホームページにある「町長日誌」であることを、町長は理解していないのではないか?つまり、町民に伝えるべきメッセージの発信につながらないし、それは、斜里町のリーダーとして怠慢なのではないかと言いました。
町長は更新しない理由について、他のブログで自分が思っていることとは違うことを書かれていて、それで、記事を書くことをやめてしまった・・と、言いましたが、だったら、その理由を書けばいいのではないか?と聞きました。
「早速、明日から更新しますよ」との答弁でした。さて、明日は昨年の11月9日?以来4ヶ月ぶりの更新になるのでしょうか?
posted by あとむ at 23:18| Comment(6) | TrackBack(0) | まちづくり