2011年03月06日

ウトロの雪と楽しむ会37

タイトルに37とあるのは、この「雪と楽しむ会」が今年で37回目だと言うことです。最初、ウトロに越してきたときは自治会活動がなんて盛んなところだろう!と思う程度でしたが、ウトロ自治会の班という単位で皆で親睦を強めたり、行事に参加すると言うことは楽しいことでした。
でも、最初の頃は漁師さんの荒っぽい言葉や、決めつけ半分の物言いに驚いたり、涙を流したりいろいろとありましたが、このつながりがウトロのまちづくりの基盤になっていると最近はつくづく思います。

このようなウトロのイベントを毎年、毎年つないできた自治会の役員のがんばりに敬意を表します。

とは言っても、最近は少子化の流れと、自治会に加入する人の減少などで参加者は減っています。今年の参加班は7班と聞きました。以前は倍の15班くらいがありましたから、それは賑やかなものでした。

2004年の雪と楽しむ会のこと
2006年の雪と楽しむ会のこと
2010年の雪と楽しむ会のこと

こうしてみると、けっこう、我が家にとっても大きなイベントなのだと思う、この「雪と楽しむ会」ですね。

ウトロの雪と楽しむ会がどのようなものかは、これまでの紹介をリンクさせていただければ分かると思います。

今年は、4月に控えた町長選挙もあり村田現町長と馬場町長候補のお二人が会場に来ていました。それぞれのテントを回って、最後に私たちのテントに来たときに二人がかち合うことになりましたが、お互い、穏やかに言葉を交わしていました。選挙戦が始まっても、住民が眉をしかめるような批判合戦の戦いはやめて欲しい・・そう思いました。

それにしても、今日は本当にお天気が良く、暖かで楽しい一日でした。
ちなみに、我が14班は総合2位になりました!

 CA3A1035.JPG
 海には流氷もびっしり・お天気が良かった!

 CA3A1040.JPG
 小さな子ども対象にお母さんたちの「よみかたり」

 CA3A1042.JPG
 たくさんの子どもたちが聞き入っていました。
posted by あとむ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり