2011年01月19日

議会レポートNO.16

昨年12月議会の様子を書いた議会レポートをホームページにアップしました。どうぞ、ご覧下さい。
斜里町定例会12月議会・議会レポートbP6

昨夜、開催された「自治会長・連合会役員と町議会議員との懇談会」。
私は、議会の中で行われていることを少しでも理解してもらえるかもしれないと、毎回期待して出席するのですが、毎回、大きな残念な感覚を持って帰途につきます。
議会の活動と議員個人の活動を区別できない。それは、議員も同じだと思います。昨日のテーマのひとつに、「地域住民と議員さんの関わりはどうあるべきか」と言うテーマがありました。
まず、地域住民とは誰を、どのような場面をイメージしているのでしょう?そこは、各人、バラバラだったと思います。
そして「議員さん」というこの表現に、これまでの「議員と地域の関係」がまだまだ払拭できない状況があるのだと思いました。
確かに、議会議員は住民の声を聞き、行政が行うことにその声が、その意見が反映されているのかをチェックする役割があります。このテーマで言うと、住民と議員の関わり方について、いろいろな意見がでるかと思いきや・・実は、各自治会が議員との関わりを持たない(つまり役員会に来て欲しいとか、行事に参加して欲しい)という親睦が出来ないところがあるということに問題を持って行かれたのです。

そこで、議会としてと言う動きと、議員個人の活動という区分けが問題になります。

いずれにしても、こうした懇談を有意義で生産性の高いものにしないといけないわけで・・議会としてもせっかくの機会です。もっと、これからの議会改革や運営についてヒントとなるものを得られるようにして欲しかったと思いました。

 IMG_8965.JPG
 今日、2011年1月19日・ウトロは流氷接岸です。
posted by あとむ at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 議員活動