2010年07月05日

まちづくりと庭づくり

最近は「まちづくり」ってひらがな表記が流行ってる?

今年は気候のせいでしょうか、わが家の庭も、野山も、原生花園だって、道ばたの花たちもとてもきれいに咲いています。
皆さんのお庭もとてもきれいで、時間が許すのなら見て回りたいほど。

まちづくりって、これまでも先人が続けてきたこと。この斜里のまちの方向って大きな変革がない限り決まっているのだと思う。
庭を作ることだって同じ。和風庭園にしたり高山植物をメインにしたり、どんなイメージにしたいのかを決めれば、おのずとそのようになってくる。後は、植物が育っていく。まさか、知床で熱帯庭園をめざす人っていないと思うし。
町も、同じ。斜里町の産業、自然に沿った方向があるはず。きっとそれを固定的ではない状態であっても方向性をしっかり示せば・・進んでいくと思う。

な〜んてことを「私は自然の感じの庭が好きだから・・」と良いながらもあまりに繁茂した雑草を引っこ抜きながら、霧雨の中で考えていたことです。
今年は私の庭も、とてもきれいに花が咲いています。32種類のバラも全て元気で、咲き始めています。

さて、明日は私たちの町の地域医療を考えるきっけかとなる「地域医療フォーラム」が開催されます。
私たちの町の地域医療ってどうあるべきなのか?これはみんなが考えなければいけないことです。だれかに任せる?それで良いわけがありません。
どんな医療環境を望みますか?斜里町として、ここに住む住民として私たちの病院はどうあるべきか、それは同時に「どう生きるべき?」ということを皆で考えてみませんかということだと思うのです。

みなさん、参加して同じ情報を共有しましょう。

 2010bara

 2010バラ1
posted by あとむ at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ・・思うのですが・・