2010年05月20日

気を取り直して・・

なぜ「気を取り直して」というタイトルになったかというと・・一時間ほど前に書き終えた新しい記事を更新する直前に・・強制終了するような事態に陥ってしまったため・・かなり、ショックだったので。

改めて・・書きます。

2010年5月で議会に関わって4年目をむかえました。
一年目の8月にオホーツク管内の女性議員の集いがあり参加してきました。(ほんの少しですが以前のブログにも書きました。)
そこで、先輩議員の方から印象に残る言葉をいただきました。「名誉や自己顕示欲だけで議員になった人は、経験という時間を重ねていくと、どんどん世の中で言う議員らしくなっていくけれど、なにかを変えていこう、やっていこうとして経験という時間を重ねていくと、どんどん疑問やためらいや体制にぶつかっていくことになるからね。」
と言う話を聞きました。

同じように私には大切な言葉あがります。「慣れてはいけない」です。

この3年間、本当にいろいろな声を聞き、いろいろな問題を知りました。これからも、慣れることなくできることから取り組んでいく・・ことだと思っています。

さて、昨日19日にゆめホールで「財務行政懇話会」が開催され、5名ほどの議員と役場職員、金融関係者が集まり、北海道財務局北見出張所 所長 佐伯氏の話を聞きました。財務局とはなんぞや・・から、日本の財政についてまで。
そして、日本の財政が大変な状態だと言うことも聞きました。
ギリシャのようにならないのは・・日本の場合は自国でその借金を受けているからであってそこが救いだとも思いました。
しかし、もっと不思議だったのが・・なんでこんなになるような方向を日本は歩んできたのだろう?と言う疑問です。こんなにも勤勉で一生懸命働く日本人の戦後、がんばったお金はどこへ行ってしまったんでしょう。
今、現在、こうなってしまった結果を見せられ・・ほら、大変でしょう!と言われてもそれはそれで事実でしょうが・・これをめざしてきたわけではないでしょう?

国政の方向性という物の重要性を見せつけられた思いです。
戦後、日本の歩んできた道。戻ることはできなくても、向きを変えていくことはできるはず。

、と、大変な状況を実感してきました。

斜里町も新年度がスタートして1ヶ月半。町で拾ったいくつかの話題や、問題をご紹介していこうと思います。

5月は臨時議会もないようです。6月の定例議会までに調べること、歩かなくてはならないところ、たくさんです。
ここまで書き直してみましたが・・どうも、他にも何かあったような気がしますが、思い出せません。まずは、ここまで。

ウトロは風が強くなったのですが、先程から雨が降り始めました。
桜の花が散りはじめました。

 桜満開
 5月18日・わが家のエゾヤマザクラが満開になりました。
 5月17日・エゾハルゼミの姿と鳴き声が。

 ちなみに4年前の満開と同じ頃です。2006年5月のブログ
posted by あとむ at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり

桜の季節に

 桜1

桜が咲くことを、今年は特に心待ちにしていた方が、先日、亡くなられました。
ウトロに来てから、ずっとお世話になった方です。

花の季節になると決まって、わが家の薔薇を見に来てくれました。白いアイスバーグを幾輪か、持って行きました。今年も咲くかな?と言って「早く桜が咲かないかしら」と話していました。

桜の花を持って、天に召されました。ご冥福をお祈りします。
 
 桜2


posted by あとむ at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記