2010年03月13日

元気もらう詩

すこし、凹んだときに思い出す、この詩は、以前の記事に、コメントをくださった「一年草さん」が、書いてくれたものです。

「本気」

なんでもいいからさ
本気でやってごらん
本気でやれば
たのしいから
本気でやれば
つかれないから
つかれても
つかれが
さわやかだから      相田みつを集より

斜里町国保病院その後1・2009年9月12日・コメント
本当に、力をもらいました。

もう一人、以前も書きましたが、いつも議員活動をしていて思い出す言葉があります。知り合いのお医者さんが言ってくれた言葉ですが、「慣れないこと」です。

3月定例会、実質8日間のうち、7日が終わりました。
残る15日月曜日は、総括質疑になります。来年度予算の全般について、大きな方向性や、考え方、町の方針を確認し、今後の方向性についても質疑する場になります。
もちろん、今回は、新しいゴミ処理施設建設にいよいよ、取りかかるための予算計上や、新しい事業への予算、そして、国保病院の病院運営について、さらにはそこに繰り出される一般会計からの予算、が中心の質疑となります。

一般会計予算書、特別会計の予算書を重ねると、約2cmあります。
この2cmの中に、私たちがこの町で生活するために関わる行政サービスや、事業が組み込まれているので。
そして、それは、大きな町の方向性に沿って組み立てられます。無計画な方向性はありません。
テレビのコマーシャルで、タモリさんが言ってるように「計画的に、計画的にですよ、みなさん」です。

今日は、たくさんやらなければならないことが山ほどあるのですが、どうしても今日やらなければならない・・「味噌作り」を実施しました。
美味しい味噌になれ!と、集中して取り組みました。

議会が終わったら、議会レポートの作成が待っています。

 SLSL
 釧路湿原の中を走るSL蒸気機関車!2月に


posted by あとむ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記