2010年02月17日

町からの情報

皆さんからいただいたコメントを読み直して、おっしゃることは「本当にそうなんだ・・」と思いながらも、議会って、議員って、どうすべきなのか、「悩んで動いてください」と言われて、まったくその通り・・と。で?どうすべきだろうか?

朝起きて、朝食を作りながら考えていたら・・

お〜、新聞の折り込みに「国保病院の4月からの診療体制について」と言うチラシが入っていました。

内容の、なんだかおかしな部分はまた、検証するとして・・

さて、このチラシを配布することって、もちろん下っ端議員の私はまったく知らなかったし、議会の議長、副議長は知っていたのだろうか?さらには、15日か16日にあった(どちらかは忘れたけど・・)斜里町議会のサイダイカイハ(最大会派)の説明会では話があったのだろうか?と思い、聞いてみましたら、正副議長にも会派説明にもチラシの話はなかったそうです。
また、病院に関することも、事務長も町長も不在だったので報告はされない状態で話はなかったとのこと。

これは、昨年の6月に配布されたお知らせチラシと同様です。

では、地域医療協議会ではどうだったかというと、このチラシの内容は示されませんでしたが、チラシを配布するという報告は15日月曜日にあったそうです。

私は、この事を知っていたとか知らなかったと言う小さな部分で、ウジャウジャ言っているのではなく、皆さん誰もが思う「で?こんな状態になるまで議会は何をやってたの?」と言う部分を、恥ずかしながら私も同じように感じています。
これは、おかしい!

今回の国保病院の問題は、町の病院存続という大きな問題を抱えています。

医師を捜すのは町の、病院の役割だから、議会が動いてどうこうできるものではない・・から?
でも、病院運営のために町のお金が繰り出される、その繰り出されたお金がどのように使われるのかは、議会としてチェックすべき役割。
今回の問題は「斜里町国保病院がこれまでの間に、医師の提言、環境、体制について何もしてこなかった」ことが原因とされること、そして医療環境の変化で起こった問題であるとされるなら、その問題を改善するために、どのような取り組みをしようとしているのか、どこを変えたのか?をチェックすることが必要なのではないかしら?

議会が何もできない・・なんて、それは違うと思う。

議会のシステムが、そんな絵に描いた餅のような立場ではないはず。今回の病院問題を「斜里町のせいだ、町長がわるい、とかこれまでの体制が悪い、国の施策が悪い」なんて言ってられない。
できることは、まだまだあるはず。

会派で、正副議長会で担当者がいないから・・なんて理由には納得できないナ・・だって、国保病院の対策チームが動いているはずでしょう。
庁舎内での情報共有はどうなってんだろう。

 キツネ2
 あ・・こっちに気がついたキタキツネ
posted by あとむ at 11:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 斜里町国保病院