2010年02月16日

誰の病院だろ?

ブログには時々、コメントをいただきます。
そのコメントを書いていただくと、「あ・・読んでもらっているんだ」と思います。そして、色々な意見や考え方があるのだと実感します。

他には、斜里をもっと良くするために、色々なことを考えている仲間からも、いつも様々な考え方や意見をいただきます。時には「これはおかしいじゃないか?」とか「こうしたらどうだろう?」というアドバイスもいただきます。

病院の医師の問題(2名のはずが1名しか確定していない)の情報は、まだ町民には知らされていません。
町は、この情報をいつ?どのように町民に知らせるのでしょう?
決して他人事のように言っているつもりはありません。本当に、いつ知らせようとしているのか?分からないのです。

1月27日の町長との病院問題の懇談会では、この町民周知のことについても話されました。町民説明会・あるいはチラシ・そして広報などの方法で早く知らせるべきであると指摘しました。
しかし、それから20日ほど過ぎてもなんのお知らせもありません。

でも、2名の医師体制のはずが1名になってしまった・・つまりこれまでのような体制にはできないから、その方法や対応を整理しなければ「一名になりました」だけでは混乱も考えられるから、体制まで整えて広報しようとしているのかも知れない。とも思う。
でも、「なんで1名になったんだ?」と言う所に問題が集中してしまうことも考えられるから、時系列的に順次情報を周知した方が良いのかも知れない?

情報発信とは、そう考えると難しいことが多いです。

なんで、旭川からの医師が来なくなったのか・・
なんで、内科の先生が辞めてしまうのか・・・・
その「なんで?」の部分が分からなければ、本当の問題解決にはつながらないと思うから、そこを早く皆で考えて取り組まなくてはならないのに。

町長と国保病院の連携は、ほんとうに大丈夫なんだろうか?
「自分(町長)と医師のコミュニケーションが悪かった」と言うけれど、そのコミュニケーションは良くなっているのだろうか?

さっぱり見えない。見えなきゃいけないはずなのに、見えない。
色々な人に会って、色々な話を聞いた。
町が方向性を示したら、見えてくるものもあるはずなのに。
調べて、確認した色々な問題。それを情報発信するにはまた、整理が必要だと思っている。

3月19日が、3月議会を前に行われる「会派説明」
3月23日が、総務文教常任委員会
私は24日の産業厚生常任委員会での病院の問題の取り扱いが気になります。でも、委員会が違うのでメンバーの議員さんに聞くしかできません。その前に、なにかお知らせとかあるだろうか?
 
 キツネ
 寝ていたキタキツネが起きました・・

posted by あとむ at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 斜里町国保病院