2010年02月07日

本当のことって?

斜里町国保病院に関係することなのですが、でも、病院に限ったことではないので、このカテゴリにしてみました。

昨日、一昨日はとても寒い日でした。
斜里町では氷点下23度にもなったとのこと。ウトロは氷点下15度くらいでしょうか。意外ですが。ウトロと斜里では気温がかなり違います。
だれもが、知床半島の真ん中に位置するウトロの方が寒い!・・そう思うのですが、実は違う。これは、本葉のこと。だって、事実だからです。
このような、意外とか予想外だったことの訂正は簡単で、実際の気温を見ると、それは解決します。

しかし、「人」という「思惑や立ち位置」が介在する場合は、時には本当のことを見つけることが難しくなる場合があります。二者の間の話だけなら、まだシンプルに行く場合もありますが、さらにそのことを、片一方から聞いた場合はずいぶんとニュアンスまで、ことによると真実まで変わってくることがあります。
それを実感するのは、もう一方の方ともお話をした場合に「わかる」ことなのですが。そうなると、はたして「本当のこと」ってのは、なかなか見えてきません。

そこで、考えたのですが、最終的には自分でそれぞれの情報を確認しながら判断するしかないわけです。

もちろん日常の、個人的に自分の回りで起こることについては、私自身はとても「おおまか」(言い換えれば・・いいかげん・・)な人間なので「ま、いいや〜」と決着をつけて流れていきます。
しかし、これが町の問題だったら、そう簡単に「ま、いいや〜」なんて決着はつけられるわけがありません。

どうしてこんなことを?書いてるの?何が言いたいの?
桜井は何を言ってるんだ〜と、イライラしながら読んでくださっているかも知れません。
じつは、そんなことを実感するようなことが、最近、ありました。
「あれ?私が聞いていたことと、違う!全然違う・・」と言うことです。きっと、かしこい、物わかりの良い人は「だから、問題だって言ってるだろ?」とおっしゃるようなことだと思うのですが、私はずいぶん驚きました。
さて、そのことを私なりに整理して、整理するためにもこの場に掲載したいと思うのですが、言った、言わない、さらには受け取り方が偏りかな〜などと考えながら整理しなければならず、少し時間が必要です。

実は、わが家の環境が、3歳と6歳の女の子とその母親、そして帰省している娘、さらに絶え間なく訪れる人達・・と言う、これまでなかった状態で、「じっくり」考える時間がなかなか作れないからなのです。
でも、そんな「動き」のある中で「純粋な思惑しかない」幼い彼女たちを見ていると、いただくヒントも多く、「ふつうの原点」に戻れるのも事実です。

さ、早く整理して「私のやるべきこと」に取り組みます。

 IMG_5070.JPG
 岩尾別に彼女たちと出かけたときに出合ったキタキツネ
posted by あとむ at 13:23| Comment(6) | TrackBack(0) | ・・思うのですが・・