2009年11月12日

網走で講演会です

「こんなに雪が積もってね〜」と電話で話をしていたら・・相手は「・・・」あれ?おかしいな〜と思っていたら、積もっていたのはウトロだけ。しかも、昨日と今日は・・ウトロでも高原と香川地区?だけかな?
と言う、お天気でした。

 IMG_20091109_3008.JPG
 ハートの虫食い・大根の葉っぱ

さて、タイトルにあるように網走のエコーセンターで
「地域医療を守るために市民にできることはなにかー」をテーマにした講演会・シンポジウムが開催されます。

11月18日午後6時30分から

医療機関・消防・住民・行政の代表がそれぞれの立場から議論し合う場もあるそうです。また、講演につても意思の立場、救急担当者の立場、小児救急の現状と今後についてなど盛りだくさんの内容です。
この、シンポジウムに、斜里町国保病院の存続を考える会の会長(上西康公氏)が、発言者として参加されます。

あいにく、わたしは私用で参加できないのですが、参加できる方は是非、話を聞いてきてください。

この開催は斜里町では知っているのでしょうか?
ぜひ、斜里からですと40分くらいの時間です。我が町のこの現状を考えて、積極的に参加して欲しいですし、斜里町でもこれくらい現場に即したシンポジウムを開催して欲しいと思います。遠いところからではなく・・現場の声を聞かせてもらう事が自分たちの町の医療環境を考える大きなきっかけになるはずです。

行くことのできない私が言うのもなんですが・・
是非、皆さん参加してください。そして、その感想を聞かせてくださいね。
posted by あとむ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 斜里町国保病院