2009年08月28日

ゴミ処理施設視察

8月25日・26日の2日間は、議員会(斜里町の議員全員の会)で、ゴミ処理施設の視察に出かけました。議員会活動は公費(すなわち町のお金でなく活動している組織で、毎月の議員各自の会費で活動しています)ではなく、私費での活動です。

さて、斜里町は新しいゴミ処理施設を建設します。
生ゴミはこれまで同様に「堆肥化」
一般ゴミは「高温高圧処理で再利用」
リサイクル品は従来通りの処理を予定しています。

そこで今回は、生ゴミの堆肥化処理施設(長沼町と洞爺湖町)と一般ゴミ処理施設(白老町)の施設を見てきました。

堆肥化施設は、屋内での処理作業施設で方法は斜里町のものと同じですが・・屋内でしかも消臭対策や撹拌の機械化などで大変効率も良く、なによりも「カラス」や「トビ」はては「オオワシ・オジロワシ」の飛来はまったくなく、臭いも長沼町は300メートルの所に人家もあるほどで、気になる臭いはありません。
工程はシンプルですが、屋内施設というだけでこれだけ違うのだと実感しました。

 8/26 1
 これは洞爺湖町の施設です。

そして、今年の4月から本格稼働している「白老町」の「高温高圧処理施設」ですが、大変大きな建物で立派でした。ここの作業はゴミを投入して処理する施設と、そのゴミ処理からできた生成物を燃料ペレットに作り替える作業施設がありました。
やはりすべて屋内作業ですから、これだけの施設になったのだと思います。
しかし、方法は斜里町も同じように行うのですから・・焼却と違い煙もなく、リサイクル率も高い方法で、順調に稼働していました。
新しい方法だけあって、メーカーとの契約や、事故に対する対応など新しい技術に対する対応を色々と取っていました。
 8/26 2
 白老町の高温高圧施設です

札幌に宿泊でしたから、視察のあとに二派に分かれて病院の医師招へいの活動に出ました。札医大に行き第一内科の教授へ挨拶を・・となりましたが、会議が長引き合うことができませんでした。(残念・・)
もう一グループは北海道の医師対策のほうへ挨拶に行きました。何でも、議員の行く前に町長も来ていたとか?・・なんでその情報が議会に入っていなかったんだろう?と少し不思議でした。だって・・同行した職員も知らなかったようで・・
それなのに「対策本部」とか「プロジェクト」って、情報を共有することが大切なんじゃないか?町長は、「このあと議員も来ますのでよろしく・・」なんて言ったのかな?議員は「町長が来てたんだってさ〜」ってことだし。なんだか一丸となって一貫した対応になってないじゃない・・と、私は札幌で思ったのでした。

さて、今回の視察は先にも述べましたように私費活動です。
費用は私費ですが、活動内容で公務扱いになっているそうです。(事故などの時のために)・・・なんで、こんなことを最初に・・と思うでしょうが、よく「町のお金で視察ばかり・・」などと言われることが多いからなのですが、他の議員もみな、私費だからという部分を強調されていましたよ。

昔の議会とは違って、現在は本当に「議員だから」なんて待遇はありませんって、ことを言っておきたいのでした。

さて、明日は「斜里町の防災訓練」です。危機対策の現場をしっかりと見てきます。
posted by あとむ at 18:42| Comment(6) | TrackBack(0) | 議員活動