2009年05月01日

なんだか、ひどい話だ!

新型インフルエンザの感染について、世界中が大騒ぎとなっています。
我が国も、様々な対策を取り始めています。

今回、感染の疑いのある「横浜市の高校生」の件で、私は、その報道の取り扱いに大きな怒りを感じています。
こんなに大騒ぎをされ、日本中に「感染疑いのある高校生」と報じられ、どれほど高校生が大変な思いをしているか、あるいは家族はどんな気持ちなのか・・しかも、まだ感染していない時に。
結果的には感染はしていなかった・・と夕方のニュースで報じていましたが、果たして、この国は危機の状況から、本当に国民を守ろうとしているのだろうか?

まして、横浜市長の話では、今回の感染疑いの高校生について報道したほうが良いのかどうするのかについて打ち合わせしていたときに、テレビでテロップが流れたという・・報道、広報管理の稚拙な国のシステムに、私は本当に危機感を感じます。

まだ、検査中にもかかわらず、報道してしまうなんて!

当事者意識があまりにも欠落して情けない。

かつて、水疱瘡がウトロの保育所で流行したときに、最初にかかった子供と親を「管理が甘すぎる・・だらしがない」と指摘した保護者がいました。
すでに、何名もの園児が水疱瘡になっていたときに・・犯人捜しのようなことをやってのけたのです。
泣き出しそうな保護者に「なに言ってるの?大きくなってかかったら大変!いま、みんなと一緒にかかった方が良かったんだよ!」と言う先輩母さんの声に、皆が救われました。

大型連休が始まります。
ウトロにも大勢の観光客が来てくれると良いのですが・・・
お天気は良いし、知床峠も明日開通!

 27日の雪もこんなでしたが、もう、とけました!
 4/27
 4/27水仙


posted by あとむ at 21:01| Comment(5) | TrackBack(0) | ふつうの・・気づき?