2009年02月17日

知床自然愛護少年団で網走へ

前日の大嵐が去った翌日、ウトロの子供たちと少年団活動で網走へ行き、流氷砕氷船オーロラに乗船する企画があり、早朝7:30に大急ぎで家を出て・・集合場所へ。この日はスキー大会があり参加できない子供が居たので6名のみんなと活動開始。

090215-1

最初は幌別で写真撮影。遺産センターの写真パネルの彼らはモデル!
沖のほうにある流氷の上にアザラシの姿も見つけました。
流氷が砕けて、波打ち際に丸い氷が石ころのように散らばっていました。この季節の海は毎日、変幻自在です。

090215-2

その後、網走に向かって移動しながら、途中でオオワシを観察したり、アトリ科のベニヒワを双眼鏡で観察しながら網走へ向かいました。
途中の白鳥公園ではオナガガモやホオジロガモを観察しました。白鳥の餌としてパンくずが売られていますが・・やはりこのような状況はあまり良いものではなく、自然の状態で観ることができる環境をなんとかしたほうが・・と思いましたが、野鳥と餌付けの問題は、わが家でも考えなくてはならないことだと・・複雑な思いでした。

090215-3

さて、網走の流氷砕氷船オーロラには大勢の観光客が乗船しました。
なかなか美しい風景が楽しめました。沖のほうの流氷帯まで走り、氷の中を航行します。迫力には欠ける氷でしたが、でも、ご覧のように美しい景色です。

090215-4

オーロラの作った航路です。遠くにはもう一台の砕氷船が見えます。

090215-5

冬の観光の最盛期。網走の観光客はこのオーロラが目的だそうです。
このあとは、流氷館・知床博物館を見学して帰ってきました。子どもたちとの会話が楽しく、久しぶりに「楽しい時間」を過ごすことができました。


posted by あとむ at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記