2007年06月29日

定例議会が・・

3日間の議会が終わりました。初めての議会ですからこれがいつもと比べてどうだったのかは分かりませんが・・
とても疲れました。

提案される議案を、しっかり聞き、質問する議員の「何を聞いているの?」をしっかり理解しながらの作業を繰り返していました。
初めての一般質問も満足はできませんでしたが、なんとか。

そして昨日、最後の議会は大変でした。
私だけが大変だったのかもしれませんが、町長の推薦した副町長の人事案件が提出され、同意を求められましたが、その人事に「まった!」をかけることになりました。

野党?と言われる中からの動きでした。
確かに、今議会中にはいくつかの事務手続きのミスはありましたし、適切ではない対応もありましたが、その要件は私の中では「相応しくない」ものではありませんでした。

結局、審議中断で調整が始まり、最終的には「しゃんしゃんで決定ではなく、一定の緊張感と衿を質す意味で」と言う意味でイエローカードになりました。
なかなか「慣例」と言う世界は難しいものです。
よくもあり、わるくもある「慣例」について考えさせられました。

私は、議会内部の慣例は知る由もなく、その慣例に沿った人事選択過程ではなかったと言われても、それにうなずくものはありませんでした。よって、強いて反対する決定的な理由はなく、今回の動きには同調することはできませんでした。

初めての議会です。聞きたいこともたくさんありましたが、ここの町の議会をとりあえず「理解」しながら次へ進んで行こうと思います。
本当の意味で「チェック」とはなんだろうか?
議会の役割りってのはどんなことだろうか?

私のノートは「疑問符」の赤ペンでにぎやかです。

新副町長は川副氏(かわぞえ)です。
やっと新しい町長の補佐役が決まりました。積極的なスタートを期待します。
posted by あとむ at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 議員活動